米コーヒーチェーン大手のスターバックスはこのほど、自宅などから音声命令でコーヒーなどを事前注文できるバーチャルアシスタントのサービスを始めたと発表した。

iPhoneで利用できるスタバ専用AIアシスタント

 その方法には2通りあるという。1つは同社が配布しているiPhone向けアプリを使う方法。

 同社はこのほどこのアプリに「My Starbucks barista」と呼ぶAI(人工知能)を使ったアシスタント機能を追加した。利用者は新たに用意されたメッセージング画面で、音声やテキストメッセージによる商品注文が行える。

 この画面で商品名を告げると、そのテキストチャット形式の画面に、あらかじめ選んだ最寄りの店舗や、商品名と写真、用意されるまでの時間、価格などが表示される。最後に確認の返事をすると注文と決済が完了する。

 発表資料に添付された動画によると、例えば、「ハーフディカフェのマキアートをダブルアップサイドダウンで、量は少なめ、クリームも少なめ。サイズはグランデ」といった複雑な注文もバーチャルアシスタントが的確に聴き取る。

 その後、画面には「注文が確認されました。○○店で3〜8分後に受け取れます。それでは後ほどお会いしましょう」などと表示される。あとは時間に合わせて店に行けば、待つことなく商品を受け取れるという。

 このバーチャルアシスタントは当初試験運用という位置付けで、1000人の利用者に限定して提供するが、今夏までには段階的に拡大していく予定。年内にはAndroid向けアプリでも同様のサービスを始めると、同社は説明している。

アマゾンの音声アシスタントでも注文可能

 そしてもう1つの方法は、米アマゾン・ドットコムの音声アシスタントサービス「Alexa(アレクサ)」を使う方法。

 こちらは、「Starbucks Reorder」というスキル(Alexaで利用できる機能)がすでに用意されており、米国でアマゾンの対応端末を持っている人であれば利用できる。

 アマゾンが無料で配布しているiOS/Android用の「Alexaアプリ」でこのスキルを選んだ後、あらかじめ最寄りの店舗やいつも注文する商品を設定しておき、「Amazon Echo」「Echo Dot」「Fire TV」といったAlexaを利用できる機器に、「Alexa, order my Starbucks(アレクサ、いつものスターバックスを注文して)」と話させばよい。

テクノロジーを積極活用するコーヒーチェーン

 スターバックスはすでにモバイルアプリを使った事前注文や決済サービスを提供しているが、マックワールドなどの米メディアによると、同社はこうして最新テクノロジーの活用を積極的に進めているという。

 米テッククランチの記事もこの話題について取り上げている。この記事によると、スターバックスのアプリは先進技術の活用といった点で業界をリードしているという。

 「スターバックスは、業界でいち早く人工知能を使ったバーチャルアシスタントを開始した。これはテクノロジーを活用した同社の戦略の次ぎの一歩として必然的な流れだ」とテッククランチは伝えている。

筆者:小久保 重信