写真提供:マイナビニュース

写真拡大

米Googleは1月31日 (現地時間)、iOS用Chromeブラウザのオープンソース化を発表した。Chromiumプロジェクトのリポジトリで公開している。

ChromeはBlinkをレンダリングエンジンとしているが、iOS版だけはiOSプラットフォームの制限でSafariが採用するWebKitを用いている。ChromiumにiOS版を加えることはBlinkとWebKitの両方をサポートすることを意味し、ここ数年をかけてiOS用ChromeをChromiumプロジェクトのアップストリームとするのに必要な変更を加える作業を進めていた。iOS版のChromiumは他のプラットフォーム向けChromiumと同じようにコンパイル可能。チェックインされたコードをすぐに試せて、Chromiumコミュニティ全体がiOS版Chromeのテストに参加できるようになったことで開発スピードの向上が見込める。

(Yoichi Yamashita)