写真提供:マイナビニュース

写真拡大

テレビ東京系ドラマの4月クールで『SRサイタマノラッパー〜マイクの細道〜』(4月7日スタート 毎週金曜24:52〜25:23)が放送されることが1日、わかった。

同作は、2009年3月に公開され話題を呼んだ映画『SRサイタマノラッパー』シリーズ最新作。数多くの賞を受賞し2作目、3作目も話題となった人気シリーズ初めてのドラマ化となる。埼玉で生まれ育ったヒップホップグループ・SHO-GUNGのIKKU(駒木根隆介)、TOM(水澤紳吾)、MIGHTY(奥野瑛太)の3人が、トラックドライバーに連れられて東北各地を転々としながらクラブイベントを目指す。

脚本・監督を務める入江悠は「10年前、たった三人でクランクインした超低予算の自主映画が、シリーズを重ねて、まさかの地上波のドラマになります」と感慨深い様子で語る。「歌は祝いにして呪い。言葉は相手への贈り物。僕らはいつでも半径1メートルで、ネクストステージ準備中。新たなサイタマノラッパーの門出にぜひご期待下さい」と、ファンへメッセージを贈った。

駒木根は、入江監督から昔出された「『SR サイタマノラッパー』シリーズで47都道府県を回りたい、ついては各自好きな県で1本脚本を書いてくるように」という課題の存在を明かし、「ヒィヒィ書いて僕が提出した脚本の行方は未だ分かりませんが、こうして連続ドラマという形でヒップホップ行脚が実現したことにとてもワクワクしています」と、東北編とも言える今作に意欲を示す。

水澤は「たくさんの皆さま=SRクルー! の力を借りて3部作となり、そしてまた、無名の俳優陣にもかかわらず! 想いのあるスタッフの方々とドラマ化できること感謝でコワい、コワいです」と恐縮。「おそろしいです、がんばります」と意気込んだ。また奥野は「皆さんの中で生きているマイティと改めて向き合う事は大変恐ろしいことでございますが、このシリーズを知っている方にも、初めてご覧になる方にも、楽しんでいただけたらなと心より思っております。ブロ」と、"MIGHTY"キャラでコメントを寄せた。