石坂浩二主演の「やすらぎの郷」(テレビ朝日系)は4月3日(月)から毎週月〜金曜の昼0:30-0:50で放送!/(C)テレビ朝日

写真拡大

テレビ朝日と倉本聰氏がタッグを組む、中高齢の視聴者向けの新帯ドラマ「やすらぎの郷」(テレビ朝日系)が、4月3日(月)から毎週月〜金曜の昼0:30-0:50に放送されることが決定した。

【写真を見る】浅丘ルリ子、加賀まりこら大女優たちが圧巻の喪服姿で勢ぞろい!/(C)テレビ朝日

「徹子の部屋」(毎週月〜金曜昼0:00-0:30テレビ朝日系)に続いて放送されることを、主演を務める石坂浩二は「“テレビ朝日一つの方向性”というべきものを背負っていかなければと、今、あらためて感じています」と決意を新たにした。

本作は、テレビ朝日が新設する帯ドラマ枠の第1弾。倉本氏が、夜のゴールデンタイムに若者向けのドラマが多く放送され、大人の見るドラマが少ないという現状に対し、ゴールデンタイム以外の放送枠で毎日放送する、大人のためのシルバータイムドラマを企画。

テレビの全盛期を支えた俳優、作家、ミュージシャンなど“テレビ人”だけが入居できる老人ホーム「やすらぎの郷 La Strada(ラ・ストラーダ)」を舞台に、かつて一世を風靡(ふうび)したシナリオライター・菊村栄(石坂)を中心に、ホームに入居する往年の大スターたちが直面する問題をユーモラスに描いていく。

石坂は「同年輩の方々には共感を呼ぶ点が多々あると思いますし、 よく知っている役者たちが“老けて”出てきたということだけでも、大きな魅力になるのではないかな(笑)。見るべき番組がないと嘆いていた世代の皆さんにとって“やっと面白いドラマが始まったぞ”と、必ずや感じていただけることと信じています」と語った。

今回さらに、主人公・菊村が初めてホームに足を踏み入れた時に往年のスターたちがズラリと彼の目の前に現れるシーンを撮影。大物俳優の葬儀にそろって参列したという設定で、全員喪服姿で登場。浅丘ルリ子、有馬稲子、加賀まりこ、五月みどり、野際陽子、八千草薫ら大物女優たちが“黒の喪服”を身にまとった姿はインパクト絶大。撮影現場は不思議な雰囲気に包まれ、スタッフも圧倒されていたそう。

“お嬢”のニックネームを持つ女優・白川冴子役の浅丘は「いまどき、これほどの役者がそろう作品はめったにないでしょう。年齢的に考えても最後のチャンスかもしれません。『1カットでいいから、どうしても出演させてほしい』と熱望する役者さんも多いんですよ! それほど素晴らしい台本であり、キャスティング」と絶賛した。

女優・水谷マヤ役の加賀も「台本を読んで、こんなにも『面白い!』と思える作品には、めったに出合えるものではありません。もう“遺作”になってもいいと思っているぐらいです。こんな老人ホームがあったらうれしいけど、決して絵空事ではないドラマです。こんなにも素晴らしいキャストの皆さんがそろったのは、倉本さんの脚本だからこそですね。じゃなきゃありえないって! なんちゃって(笑)」と明かした。

そんな加賀演じるマヤと丁々発止のやりとりを繰り広げる浅丘は「まりこさんと私の役柄は仲が悪くて、いつも一緒にいるわりにはケンカをするし、辛辣(しんらつ)な悪口も言います。普段の私たちがやりとりしているようなせりふを二人で考えて、ちょっと台本に足すこともあって、それも楽しいの。そんな二人の間に、兵ちゃん(=石坂浩二)が入るでしょ? 倉本さんはプライベートを連想させるようなドラマをお書きになるから、読んでいて本当におかしくて…」と告白。

一方も加賀も「ルリ子さんと私が演じているのは、しょっちゅうケンカして、お互いに悪口を言い合っている女優二人。丁々発止のやりとりはとても人間らしくて、チャーミングで面白い。私たち二人がポンポン言い合う真ん中で、兵ちゃんがオタオタしたり、八千草さんのゆったりした一言で会話にオチがついたり…そんな楽しさもあります」と明かした。

さらに、加賀は「私はかねてから『ワイド!スクランブル』の大下容子アナウンサーのファンなんです! 4月からは、大下さんに『ワイド!スクランブル』の中で、『やすらぎの郷』の感想を必ず毎日話してもらいたいなぁと思っています(笑)」と期待を寄せた。

石坂は「近年、明らかにシニア世代が増えているのに、テレビ界、ドラマ界はそれに対するメッセージをほとんど発してこなかったのではないでしょうか。倉本先生もそれを身に染みて感じていらしたからこそ、この作品を書かれたのだと思います。老人ホームというこれまであまり描かれていなかった題材に挑む、パイオニア精神に満ちた作品だと思います。これからのテレビ番組の多様化に向けたパイオニア的作品として、ぜひ皆さんに応援していただきたいですね!」と意気込んだ。