アウグスブルク、ドルトムントに所属していた攻撃的MFライトナーをラツィオから獲得

写真拡大

▽アウグスブルクは1月31日、ラツィオのドイツ人MFモリッツ・ライトナー(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。ドイツ『キッカー』によれば移籍金は200万ユーロ(約2億4000万円)程度とのことだ。

▽2列目やセントラルMFでのプレーを得意とするライトナーは、1860ミュンヘンの下部組織で育ち、2011年冬にドルトムントへ移籍。2012-13シーズンは準主力として活躍したが、シュツットガルトへのレンタル移籍を経て、今季からラツィオへ完全移籍していた。しかし、ラツィオではリーグ戦わずか2試合の出場に留まっていた。

▽現在、アウグスブルクを指揮するマヌエル・バウム暫定監督とは、1860ミュンヘン時代に師弟関係にあった。