柴崎岳【写真:Getty Images】

写真拡大

 スペイン2部のテネリフェは31日、鹿島アントラーズから日本代表MF柴崎岳を獲得した。

 柴崎とテネリフェは半年契約を結んだと発表されたが、具体的な契約形態は明かされていない。そんな中、カナリア諸島の地元メディア『デポルプレス』は両者の契約が買い取りオプション付きの期限付き移籍であることを報じた。

 当初はスペイン1部のラス・パルマスへ移籍する可能性が伝えられてきた柴崎だが、急転直下で同じカナリア諸島に本拠地を置く2部クラブへの移籍が決まった。テネリフェは現在スペイン2部で6位につけており、今後の戦いしだいでは昇格プレーオフ進出も見えてくる。

 柴崎の買い取りオプションが行使されるかは、半年後のシーズン終了時にテネリフェが1部昇格を果たしているか、そうでないかに左右されそうだ。

text by 編集部