「HUGO & VICTOR 玉川高島屋S・C店」の「チョコレートパフェ」(1728円)

写真拡大

バレンタインに素敵な雰囲気の空間へ、チョコレートパフェやケーキなどのスイーツを「食べに行く」スタイルが人気急上昇中だ。今話題のメニューや限定品をチョイスすれば、意中の人とチョコレートよりもスイートな関係になれるかも?

【写真を見る】「トシ・ヨロイヅカ 東京」の「ジャン・ピエール」(580円)

■ 「HUGO & VICTOR 玉川高島屋S・C店」(二子玉川駅)

シェフパティシエのユーグ・プジェによる革新的なチョコレートが人気のブランドショップ。パフェやケーキの他、スイーツをよりおいしく感じさせてくれる店舗限定のキッシュなど、サレメニューも楽しめる。

同店の「チョコレートパフェ」(1728円)は、チョコ、アイス、マカロンなどブランド人気のアイテムが一度に味わえる贅沢なパフェ。そのハーモニーを堪能してみて。

■ 「トシ・ヨロイヅカ 東京」(京橋駅)

2016年11月にオープンしたトシ・ヨロイヅカのパティスリー&サロン。1階はデザートを仕上げる様子が見られるLIVEステージや初のカフェスペースがあり、2階のサロンにはデザートやドリンクをカウンターでゆったり楽しめる空間もある。

同店の「ジャン・ピエール」(580円)は、ピスターチオのクレームブリュレ、ノワゼットなどを使ったナッツ類をショコラに絡めて入れた人気商品。柔らかいムースとナッツ類のサクサク感が楽しい。【ウォーカープラス編集部】