裏太ももほっそり。「おはようございます!」とお辞儀するようにエクササイズ

写真拡大

カジュアルにもリラックスにもつかえるデニム

だからこそ、体型をカバーしてくれるデザインに甘えず、すっきりした太ももで履きたい。

そこで見つけたのが、プロレスラーである棚橋弘至さんの著書「棚橋弘至の100年に1人の逸材★BODYのつくりかたビギナーズ!」(ベースボール・マガジン社)にあった、現役のプロレス選手がおこなうトレーニングです。

本書では、初心者でも太ももの裏の筋肉をつくれるトレーニングを紹介しています。

グッドモーニングとかいう死ぬほど安直な名前のトレーニングしてみたら、もも裏の筋肉が痛くなりすぎて死んだ

-- iGoto (@IGoto2) 2015年9月27日

グッドモーニングはウエイトトレーニングの中でも最高にキツイメニューだわ。ハムストと脊柱起立筋がパンパンだ。

-- Si-Mu-LA (@CANTAMER_X) 2011年1月25日

お尻のトレーニングでヒップスラストとグッドモーニングがすごい効く!!

-- りゅうのすけ! (@mtjgay) 2017年1月24日

「グッドモーニング」で裏太ももを鍛える

「グッドモーニング」と呼ばれるこのトレーニングは、太ももの裏とお尻、背筋に効くそう。

◎このトレーニングで鍛えられる部分

・大腿二頭筋(ハムストリングス)、大臀筋

1. 両脚を肩幅程度に開いて立つ

2. 両手は顔の横へ

3. 前を見ながら、お尻を後ろに突き出すような感覚で前傾していく。このときヒザは曲げない。動作中、背筋は伸ばした状態をキープ

※「おはようございます!」とお辞儀するように

(本書P.69より引用)

最後にゆっくりとおきあがって終了。これを何度かくりかえせばOKです。

最初は「こんなにラクなトレーニングでホントに筋肉がつくのかな?」と疑問に思った私。でも、やってみると5回目くらいから、だんだん裏太ももが張ってくるのがわかりました。

下を向くと背中が曲がってしまうので、きちんと前を見たまま上半身をたおすのがポイント。地面と平行になる90度くらいまでたおせば、裏太ももにしっかり負担がかかります。

また、棚橋さんからはこういう意見が。

理想の体を手に入れるには筋肉を鍛えなければいけない。(中略)女性のウエストライン、上を向いたお尻、引き締まった足首など、これらはすべて筋肉によって構成されています。

(本書P. 31より引用)

当たり前のことかもしれないけれど、現役プロレス選手の言葉だからこそ、「ラクな体づくりはないんだ」と心に刺さりました。

イラスト/ニシクボサユリ

こちらも読まれています

・1日1回ウイスキー体操。たるんだほほがシュッとしてきた

・アイスブルーでハイウエスト。90年代のデニムをいま履きたい

・太らない体を形状記憶して、ダイエット不要になる