マトモな恋愛は望めない!?モテない4タイプのブス

写真拡大



いつの時代であっても、ブスはモテません。とはいえ、ひとくちに「ブス」といっても、さまざま。ブスは顔の造形ではなく、生き方やコミュニケーションの取り方に現れるもの。

「自分は身ぎれいにしているしブスじゃない」と思っている人だって、自覚がないだけでブスである可能性もあれば、逆に「私は顔が良くないブスだから」と思っている人でも、周りからはそう思われていない、という可能性もあるのです。ります。ここでは、男性から「絶対に付き合いたくないブス」と思われる4つのタイプをご紹介します。

■■サービスしてもらって当たり前「お客様目線ブス」

「食事は高級レストランがいいとか、デートは毎回誘ってほしい、夜中に会いたくなったらきてほしい…なんでも彼氏にやってもらうのが当たり前だと思っていた元カノ。彼氏彼女というより、従業員と客という関係性。何様だよって思って別れた」(20代/広告)

男性に対しての理想が高く、求めてばかりいる「お客様目線ブス」。恋愛といえば対等な関係なのに、男性の言動に対して「こんなの男らしくない!」「素敵な彼氏ならこうやってくれるはず!」とクレームをつけます。そしてその割に自分から何かをしてあげることは皆無。男性から一方的にサービスしてもらって当たり前だと思っている傲慢さが「ブス」なので、見た目だけで惹かれて近づいてきた男性も次第に離れていくでしょう。

■■話していてもつまらない「受身系ブス」

「元カノは、友達に紹介したときも挨拶もまともにできず、話をしてもリアクションに乏しかった。話していても手応えがないし、かといって自分から何か話してくれるわけでもないし。可愛かったけどつまらないし、途中から一緒にいるだけでも疲れた。何においても受身な子って退屈だなと思った」(30代/商社)

大人なのに挨拶もろくにできず、人の話してくれたことに対してまともに返事のできない受身系ブス。自分で話すわけでもなく、かといって話を熱心に聞くわけでもないので、次第に飽きられていきます。コミュニケーションをとるたびに相手に負担をかけるので、一緒にいると疲れさせてしまうことも。自意識過剰な人に多いです。

■■何をするにも腰が重い「ズボラ系ブス」

「自分に自信がないのといいながら、全然努力をしない女友達。彼氏がほしいっていうから友達を紹介したけど“メールするの面倒くさい”とか“デート服がわからない”とかグダグダ言っているだけ。そんだけ面倒くさがって何もしなけりゃ、自信だってつかねーよって思った」(20代/学生)

「どうせ私なんて」と言いながら、そんな自分を変える努力をしたらという提案に対して「でも、だって」となかなか行動しないズボラ系ブス。面倒くさがりなので、自分で何かアクションを起こすということをほとんどしません。自信がないのは、何も行動しないから。自分を変えたいなら、自分で変わるしかないのです。誰かが変えてくれるわけではないことを肝に銘じましょう。

■■寂しいとすぐに男に頼る「ビッチ系ブス」

「彼氏とうまくいってなかったり、男が途切れたりするとすぐに男友達ともヤっちゃう子がいる。男同士のなかで“あいつやばいよなー”って話題になっているのに、本人は気付かずにモテていると思ってるところが痛い」(20代/学生)

寂しいとすぐに男の人と関係をもってしまうビッチ系ブス。寂しさに対する耐性がないため、感情に任せて失敗することも多々あります。自分で精神的に自立しない限り、男性からは都合がいい女として見続けられることになるでしょう。

■おわりに

ブスはモテません。そして、ブスはブス同士で群れるようになります。ブスを脱却したいと思うなら、自分から行動を起こしましょう。自分磨きは、自分自身を高めるだけでなく、結果として良い恋愛にも繋がるはずですよ。(小林リズム/ライター)

(ハウコレ編集部)