ありがとう真田丸!(写真は2014年に撮影)

写真拡大

 昨年放送された大河ドラマ「真田丸」のホームページやTwitterなどが本日31日を最後に閉鎖される。30日に「大河ドラマ『真田丸』の公式Twitterは、あす1月31日(火)をもって終了します。本当に本当にありがとうございました」とアナウンスされ、フォロワーからは「一年間、楽しかったです」「お疲れ様でした」など感謝やねぎらいの言葉が寄せられた。

 堺雅人主演で全50回にわたって放送され、平均視聴率16.6%(関東地区)と、大河ドラマとしては2011年放送の「江〜姫たちの戦国」以来5年ぶりに16%超えを果たした真田丸。Twitterのほか、FacebookページやInstagramアカウント、LINEアカウントなどSNSを使ったプロモーションも展開されていたが、それらも31日をもって一斉に終了を迎える。31日には真田信繁(堺)の父・昌幸として出演していた俳優の草刈正雄もブログを「真田丸のLINE」というタイトルで更新し、「公式LINEが終わりだそうです。。。」と寂しげに伝えていた。

 ホームページではオープニング映像の壁紙をダウンロードすることができ、公式Twitterは「よろしければ思い出に、ぜひ」と紹介している。Twitterでは「本当にサヨナラなのね」「ついにこの日が」「最後に公式HPみにいった」と別れを惜しむコメントのほか、掲載されているインタビューなどの映像を「何らかの形で残してほしい」といった声もあがっている。(編集部・海江田宗)