Doctors Me(ドクターズミー)- 《医師解説》マスクをしたまま寝ることのメリット・デメリット

写真拡大

空気の乾燥が原因で、喉や口腔内も乾燥し、風邪がひきやすくなるこの季節。マスクで風邪予防が当たり前になっている方も多いと思います。

しかしマスクも、使うタイミングや使い方などによっては、余計体調悪化を招くことがあることをご存知でしたでしょうか?

今回は、風邪予防のために多くの方が実践されている「寝る時のマスク」について、医師に詳しく解説していただきました。

マスクをしたまま寝ることによるメリット


喉の乾燥を防ぐ


喉が乾燥することで発生する喉の違和感や、痛みを防ぎます。

口の乾燥を防ぐ


口腔が乾燥していると、口臭や口内炎の原因になったりします。

風邪などの予防になる


ウイルスなどの病原体は、ある程度の湿潤環境では増殖しにくいため風邪などの発症の予防につながります。

肌を乾燥、寒さから守る


大き目のマスクをしていると、頬や唇などを乾燥から守ることができます。また朝起きたときの顔が冷たいという状態も改善します。

マスクをしたまま寝ることによるデメリット


呼吸の妨害


マスクがあることで呼吸の障害になることがあります。
また、鼻づまりがある方などは無理にマスクをして寝ると呼吸の妨げになる場合もあるので注意してください。

睡眠妨害


呼吸が妨害されることで深い睡眠が得られないことがあります。また、マスクが気になって寝つきが悪くなってしまうことがあります。

マスクをして寝ることに既に慣れてしまっている人には当てはまりませんが、慣れていない方が行うと睡眠が妨害され、入眠障害を招いたり睡眠の質が低下してしまう場合があるので注意が必要です。

耳の後ろへの負担


長時間マスクを着けていると耳の後ろが痛くなったり痒みがでたりする可能性があります。

顔に跡がつく


横を向いて寝ていたり、きつめのマスクをしていたりすると、朝起きた時にマスクの跡がついてしまっていることがあります。

家族が風邪を引いている時、同室で寝る場合はマスクをして寝るべき?


家族の方もマスクをして寝るべき、とまではいかないと思います。
マスクには風邪や喉にとっていい面もありますが、場合によっては睡眠の障害になってしまうケースもあります。

体調が悪いときなどに無理にマスクをして寝ると、疲れが取れずに逆に風邪をもらいやすくなってしまうことが考えられます。
逆に体調が良いときは、マスクに慣れている方はつけることで風邪予防になることもあるでしょう。

つまりはその時の状況によって、適宜考えていけば良いのではないでしょうか。

医学的にマスクして睡眠をとることは良いこと?悪いこと?


風邪のときなど、喉の痛みが和らいだりするので、さほど体調が悪くないときに一時的に使用することはよいと思います。

ただ、自然の状態ではないので長期に使用することが必ずしもいいとは言えないと思います。

また、マスクに慣れていない方が、体調がかなり悪いときに使用すると、睡眠の障害から体が休まらないこともあるので注意をしてください。

最後に医師から一言


冬は乾燥しやすいのでマスクをして寝たいと思う方はいらっしゃると思います。マスクをつけることが負担でない方は、試してみるのもいいかもしれません。

また、最近では寝る時につける用のマスクも販売され、呼吸を妨げないようにするように作られていたり、首などもカバーできるようなものもあるようです。

ご自分の負担にならないをマスクを選んだ方が良いかもしれませんね。

(監修:Doctors Me 医師)