パナソニックのアルカリ乾電池「EVOLTA NEO」

写真拡大

パナソニックは2017年1月30日、アルカリ乾電池「EVOLTA NEO」(エボルタ ネオ)を4月26日から発売すると発表した。同社の乾電池「EVOLTA」(エボルタ)と比べて3つの性能――「長もち」(連続利用時間)、「長期保存」、「液もれ防止」が進化している。

08年に発売されたエボルタのセールスポイントは、「世界一長持ちする単3形アルカリ乾電池」としてギネスブックに登録されたこと。その独自技術を進化させ、電池の性能を左右する3大要素である材料、工法、構造の全てを技術革新した。

これにより「エボルタ ネオ」は全ての電流域で「パナソニック史上No.1長もち」を実現。長期保存性能についても推奨期限である10年後のエネルギー保有率が約20%アップした。また正極材に銀化合物を採用することで、液もれにつながる過放電後のガス発生量を約30%削減した。

サイズは単1形〜単4形の4種で、月産台数は600万本を掲げる。価格はオープン。