NTTデータが「AIを用いたニュース原稿の自動生成実験」を実施。気象電文と同じ内容の文書を作成できることを確認

写真拡大

NTTデータが、最先端AI技術の一つである「ディープラーニング技術」を用いた文章の自動生成実験を、2016年9月から4カ月間にわたり実施。実験の結果、AIが作成したニュース原稿はわずかな修正は必要だったものの、従来の気象電文と矛盾しないレベルに達していることを確認した、と発表しました。

近年、生物の脳神経回路を参考にした最先端AI技術「ディープラーニング技術」を用い、画像や音声の自動生成を行う実験などが行われています。

参考:AIによる線画の自動着色の精度が凄い未来感!ソースも公開中!

しかし文章の自動作成については、「ビジネスシーンにおいて意味が分かる水準の文章を作ることは難しい」とされていました。そこでNTTデータでは、比較的複雑なパターンではない気象ニュース原稿を自動生成するための実証実験に着手。

実験では、過去4年分の気象庁が過去に公開した気象電文とアナウンサーが読んだニュース原稿を用意。ディープラーニング技術を用いて原稿作成の規則性を学習させ、原稿を生成するためのAIを構築。また、より自然な日本語を生成するために、NTTグループのAI「corevo」の日本語解析技術を組み合わせました。こうして構築されたAIに気象庁の気象電文を読み込ませることで、ニュース原稿を自動生成させることが可能となります。

生成されたニュース原稿を評価したところ、文法は人が読んでも違和感のないレベル。意味の正しさは多少の修正が必要なものの、従来の気象電文と同じ内容の文書を作成することができたとのことです。

今後は気象分野においてニュース原稿自動生成AIの商用化を目指すとともに、スポーツや企業の決算発表などでも活用できないかの実証実験を行うそうです。他にも「人間の記者が一から原稿を作成する必要がなくなるため、原稿作成業務の効率化が可能になる」とのことですが、このまま進化して原稿作成作業全てがAIで事足りてしまうのは、記者やライターからすると避けてほしい事態といえます。