(株)本陣(TSR企業コード:670111155、法人番号:8140001076142、加西市北条町東南241−1、設立昭和47年4月、資本金5981万円、水田裕康社長、従業員30名)は1月30日、事業を停止し、破産手続きを原正和弁護士(弁護士法人あすなろあすなろ法律事務所、大阪市中央区南本町1−4−10、電話06−6268−5070)ほか2名に一任した。
 負債総額は約21億円。

 「たいこ弁当」の店舗名で地区周辺の一般個人に親しまれてきた飲食業者。当初は弁当の製造、仕出し料理の製造販売を主力として惣菜やおせち料理、給食事業などを展開し、地元の播磨地区を中心に実績を重ね、平成7年9月期には売上高56億4946万円を計上した。その後は、競争激化など市場環境悪化の影響などから事業規模が縮小。20年10月には(株)たいこフーズを吸収合併し、同社の中核事業である飲食店経営等を承継した。しかし、さらなる業況悪化等を背景に27年6月以降は飲食店「たいこ弁当」のみの運営となっていた。
 27年9月期の売上高は22億2473万円に低下、9612万円の赤字となり3期連続で赤字を計上。最近においても厳しい経営環境が続くなか、資金繰りも逼迫し事業継続が困難となり今回の措置となった。