左からビートバスター、アオニンジャー、仮面ライダーエグゼイド、仮面ライダー電王、仮面ライダーゾルダ
 - (C) 「超スーパーヒーロー大戦」製作委員会 (C) 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 AG・東映

写真拡大

 仮面ライダーとスーパー戦隊の2大特撮ヒーローが競演する「スーパーヒーロー大戦」シリーズの最新作『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』(3月25日公開)より、「仮面ライダー電王」をフィーチャーした特別映像が披露された。

 同作にはこれまでの仮面ライダー、スーパー戦隊から総勢100人を超えるヒーローたちが登場するが、本映像はその中で「仮面ライダー電王」のキャラクターをセレクトした特別なもの。ファンにはおなじみの「俺参上!」のセリフと共に電王が現れ、モモタロス、ウラタロス、キンタロスといったイマジンたちも続々顔を出す。テレビ放送から10周年を迎えた「電王」ファンにとっては、たまらない映像だ。

 また、あわせて新たな場面写真も公開。仮面ライダーエグゼイドを中心に、アオニンジャー、ビートバスター、仮面ライダー電王、仮面ライダーゾルダという歴代のヒーローが並ぶ、胸躍る1枚だ。はたして彼らやほかの多くのヒーローたちがどのように活躍を見せるのか、ますます期待がふくらむ。

 本作では、仮面ライダーエグゼイドと宇宙戦隊キュウレンジャーの前に世界の命運がかかる死の闘技場が出現。閉じられた異空間から抜け出そうと、歴代の仮面ライダーとスーパー戦隊が大乱戦を繰り広げる。(編集部・小山美咲)