【ニッポンの名車】先進メカニズムで武装した三菱スタリオン

写真拡大 (全8枚)

フィーリングにこだわった「シリウス」エンジン搭載

最近、ちょっと残念なことになっている三菱自動車。1980年代あたりは技術の三菱として、名を馳せていたこともあった。実際のクルマを見ても、意欲的かつ独自の技術を投入。もちろんスポーツカー作りにも他メーカーとは違うモノがあって、ファンは多かった。

その真骨頂といっていい1台が、スタリオンだ。スタリオンという車名からして「ギリシャ伝説に出てくる英雄ヘラクレスの愛馬」に由来するという勇ましいもの。

さらに当時の三菱はエンジンに愛称を付けていたが、搭載されていたのはシリウスエンジンで、星座の名前に由来する。ちなみに「ネプチューン」や「オリオン」などの愛称もあった。

スタリオン開発にあたって目標とされたのが、欧州で通用する高性能だ。なかでもドイツのアウトバーンを走り抜くことを想定していたというから凄い。ライバルとしては、欧州のみならずアメリカでも人気のあったポルシェ924ターボを念頭に置いていたという。

ということで、当時ウエポン的な先端技術であり、普及が進んでいたターボを装着。もちろん三菱製のタービンだ。2リッターで145馬力というスペックは、今となっては取り立てて凄いわけではないが、他社に先駆けて電子制御化している点に注目で、1980年代らしいじゃじゃ馬的な鋭い吹き上がりを楽しめた。

さらにフィーリングにもこだわっていた。三菱お得意の手法である、サイレントシャフトを装備することで滑らかなフィーリングを実現。4気筒ながら8気筒のスムースさを実現しているというが、さすがに言い過ぎな気が……。

ちなみに当時の資料によれば、この技術はライバルたるポルシェにも供与されているとあるが、実際のところは不明だ。

レースやラリーなどモータースポーツでも活躍

デザインはスポーツカーの王道たるロングノーズ&ショートデッキスタイルの2ドアクーペとし、流線型というよりも直線を各部に採り入れて硬派な感じを演出したことで、人気が出た。

ヘッドライトは1970年代のスーパーカーブームから続く必須アイテム、リトラクタブルヘッドライトを採用しているが、ボンネット上のエアスクープもインタークーラー用と思いきや、ただのイメージとして装着されているに過ぎないのはトリビア的な話しだ。

足まわりは当時としてはまだ贅沢な独立縣架を採用するなど、本格派スポーツの名にふさわしいものであった。また自動車専門誌ではRX-7も含めてポルシェとの対決記事が多く載ったものである。

また、スタリオンはモータースポーツでも活躍している。ツーリングレースではお馴染み中谷明彦氏などがドライブ。WRCでもグループAをワークスで戦っている。これはスタリオン4WDラリーと名付けられた車両はその名のとおり、4WD化されたスペシャルモデル。

のちのランエボへの礎となるのだが、元三菱チーム監督の木全厳氏によれば、「トルク配分型のデフを組み込んでテストも行なっていました」という。つまりAYCなどの技術はすでに1980年代に考えられていたのだが、実際は「振動が凄くて使い物にならなかった」とも。さすがに時代として早すぎたのだろうか。

三菱らしい硬派なスポーツカーとして話題になったものの、国内販売は不振。アメリカでの人気は高く、それを受けて、2.6リッターへと排気量をアップしたり、ブリスターフェンダー化をするなどしたものの、先細り的に消えていったのは残念である。