数種のベリーが織り成す酸味のバランスと食感が秀逸な「いちごとベリーの蒸しチーズケーキ」/帝国ホテル 大阪「ザ パーク」

写真拡大

今年、帝国ホテル 大阪のレストラン「ザ パーク」で初開催となった、いちごビュッフェ「苺スイーツブフェ」(1月23日〜4月30日※2月10日・11日は除く)は、長年愛されている人気のパンケーキまでもがいちご仕様に変身!そのほかにも、目の前で仕上げてくれるパスタや、4種のサンドイッチなどのフード類を合わせて、約50種のメニューが並ぶというテンションの上がる豪華さだ!

焼き菓子と生菓子の中間を目指したという、もっちりしっとり食感の「苺とクランベリーのパウンドケーキ」/帝国ホテル 大阪「ザ パーク」

そこで、帝国ホテル大阪の「苺スイーツブフェ」の数あるメニューの中から、編集部がおすすめする、いちごメニューベスト5を紹介!ランキングは、甘党スイーツライターと辛党編集者両方の観点から評価。全メニューリストから10〜15品を厳選し、実際に食べて、味の総合、いちご度、見た目の華やかさ、食感の驚きなどの総合点でランク付け。

■ 編集部が選んだ「帝国ホテル大阪 苺スイーツブフェ」の必食ベスト5

<ベスト1>いちごとベリーの蒸しチーズケーキ。香ばしいダックワーズ生地と、蒸しチーズケーキの2層に米粉を使用。もっちりした食感やコク、さわやかなベリーの酸味が印象的!

<ベスト2>苺とクランベリーのパウンドケーキ。焼き菓子と生菓子の中間を目指したという食感は、しっとり、もっちり。甘酸っぱいドライクランベリーを贅沢に使っている。

<ベスト3>苺のスムージー。グラスの上にある泡状のゼリーを口に含み、同時にスムージーを楽しむのがポイント。濃縮乳を使ったスムージーはどこかほっとする味わい。

<ベスト4>パンケーキ 苺のソース。長年人気の伝統的なパンケーキを期間限定でアレンジ。ほっとする味わいの生地に、フレッシュ感あふれるいちごのソースがぴったり。

<ベスト5>苺と白玉のスープ。白玉入りの温かいミルクスープに、好みで粒状の冷たいいちごピューレをトッピング。すぐに味わうのもよし、混ぜればいちごミルクに。

「定番人気スイーツと、今回初登場の新作が一堂に。食感や味わいに緩急を付けました」と、ペストリーシェフの西田一己さん。

【スイーツライターシキタリエが実食】シェフの技が光る新作と安定の定番スイーツに大満足。「あこがれの定番スイーツも必食ながら、上位にランクインした新作スイーツの細部へのこだわりに感激。日ごろの疲れをオフできる緑を身近に感じるロケーションで、フードを含めメニュー数充実の注目ビュッフェを」【関西ウォーカー編集部】