サンフランシスコ女子のSNS休業宣言。「用事があったら電話して! 声聞いてちゃんと話そうよ」

写真拡大

IT関係の仕事をしている友人がとても多いサンフランシスコ。

そんななか、最近続々とくるのが、SNS休業宣言。

「Facebookを1か月だけ休むよ」というものから「すべてのSNSを無期限で休むよ」または「Facebookアカウントを消すことにしたよ」などなど。

そんな皆が共通して書いてくるのが、「用事があったら電話して! 声聞いてちゃんと話そうよ」ということでした。

たしかにSNSが普及してからは、電話で話すことは少なくなりました。アメリカでも「SNSストレス」なんて言葉が流行るほど、皆「いいね!」することに疲れているのです。

「見るだけ」専用アカウントが増えている

IT関係の仕事をしている友人に多いのが、「見るだけ」専用アカウントを作っている人。

仕事上、やはりSNSなしでは情報が入ってこなくて不便。そこで、アカウントは残し、情報チェックのみの「見るだけ」に徹底しているユーザーが非常に多いのです。

友人であるブライアンは、バリバリのITエンジニア。一日中コンピュータと向き合って、さらに家族や友人とのコミュニーケーションもすべてがiPhoneで済んでしまうことに疲れてしまったそうです。

そこで、SNSをやめて「見るだけ」に徹してみたとのこと。でも、彼はそのうち「見るだけ」にも疲れてしまい、ついに先月アカウントを閉鎖してしまいました。

「Goodbye Facebook, see you guys in the real world!」

という文章が最後の投稿。

「リアルワールドでまた会おう」というのがなんだか心にグッときて、私もちょっとだけ真似してSNSをお休みしてみました。

やっぱり顔を見て話すのは楽しい

私がお休みしたのはFacebook。最近ものすごい量の友達申請や通知がくるので、少し離れてみたかったのです。

iPhoneやiPadからFacebookアプリを削除して、月に1、2回だけラップトップからだけ見ることにしました。

Facebookアプリを消してから、いちばん最初に電話して、その後すぐにランチしたのはブライアン。これまではお互いFacebookで近況を確認し合っていたものの、実際に会うのはなんと3年ぶりだったのです。

iPhoneをじーっと見る時間が減ると、仕事の効率が向上。また、家族とも友人とも電話で話したり、会う機会も増えました。

やっぱり声を聞いて、顔を見て話すのって楽しかった!

写真/gettyimages

こちらも読まれています

「席譲りたいけど、あの人妊婦かな?」はアプリで見分ける

・エマ・ワトソンも使ってる瞑想アプリ。スマホで3分さくっとリフレッシュする

・スマホの中身はいまの自分。NY在住パフォーマーの場合