写真提供:マイナビニュース

写真拡大

国立がん研究センターと協和発酵キリンは1月31日、優れた抗がん剤創出およびバイオマーカー探索を目指した研究推進に向け、包括的研究提携契約を締結したと発表した。

同契約は、国がんの有するがん研究技術と臨床経験、協和発酵キリンの研究能力および抗体医薬を核とした先端バイオテクノロジーの融合により、画期的な新薬を継続的に創出することを目的としたもので、これにより今後の個別研究を迅速に進めることが可能になると両者では説明している。

具体的には、両者協議のもと、がんの治療につながる作用機序を持つ創薬標的の探索、同定、評価を行う「創薬標的探索研究」、創薬標的の評価およびスクリーニングにより創薬候補となる活性物質(低分子化合物および抗体等)の取得を目指す「初期創薬研究」、国がんが有する豊富な生体試料および診断情報などを活用し、協和発酵キリンのがん治療薬または診断薬の開発を推進する「バイオマーカー探索およびトランスレーショナル研究」の3種類の研究が進められることとなる。

なお、両者は、今回の締結を機に、選考しているがん免疫療法薬に関する共同研究をはじめとする各種の共同研究を推進し、画期的な新薬創出につながることを目指すとしている。

(小林行雄)