ZE:A ヒョンシク&イ・ソンギョン、アニメ映画「トロールズ」アフレコ現場映像を公開…甘い歌声にも期待

写真拡大

ドリームワークスの新作アニメーション「トロールズ/Trolls(原題)」(配給:CJエンターテインメント) が韓国代表としてキャスティングされたZE:Aのヒョンシクとイ・ソンギョンのアフレコ現場の映像を公開した。

「シュレック」「カンフー・パンダ」などヒット作を輩出してきたドリームワークスの期待作「トロールズ」が、ブランチとポピーに完璧に変身したヒョンシク、イ・ソンギョンのアフレコ現場を初公開した。

「トロールズ」は幸せいっぱいのトロール王国の前向きなプリンセス・ポピーと心配病の友達ブランチが、憂鬱終結者バーゲンたちに拉致された友達を助けるために立ち向かう、ミュージックアドベンチャー映画である。

まずヒョンシクとイ・ソンギョンは、ブランチとポピーを連想させるブルーとピンク色の衣装を着用して視線を奪った。最近、ドラマを通じて“花郎”を熱演したヒョンシクと、“力道妖精”になったイ・ソンギョンが可愛らしい姿で登場し、映像の初めから視線を集めた。

心配病の友達ブランチ役を演じたヒョンシクは「ジャスティン・ティンバーレイクがオリジナルアフレコのキャストを務めたというニュースを聞いて負担を感じたが『ぜひ参加したい』と思い、参加することになった」と「トロールズ」に対して強い愛情を示した。ポピー役を演じたイ・ソンギョンも「普段から音楽は大好きだが、アフレコに参加することになって緊張している。とても楽しみにしている」と韓国版「トロールズ」にキャスティングされた感想を伝えた。

今回公開されたアフレコ現場の映像では、声優だけではなく歌にまで挑戦したヒョンシクとイ・ソンギョンの姿が公開された。実際にヒョンシクとイ・ソンギョンはアフレコを本格的に始める前から、ドラマ撮影現場でも歌の練習に集中する情熱を見せたという。このような二人の俳優の努力は、アフレコ現場の映像でも確認することができる。イ・ソンギョンは「トロールズ」のOST(劇中歌) 中、最も難易度が高い「Get Back Up Again」を通じてパワフルな歌の実力を、ヒョンシクは「True Colors」を通じて甘い歌声を披露し、二人の俳優が本編で披露する演技力と音色に対する好奇心を刺激している。

アフレコに参加するため、特別に準備していたのかという質問にヒョンシクは「声がかっこいいと言われた」と恥ずかしそうに話し、心配病の友達ブランチと一つになるため、最善を尽くしたと伝えた。イ・ソンギョンもハツラツさに可愛らしい魅力まで加え、前向きなプリンセス・ポピーに完璧に変身した姿を予告した。最後にヒョンシクは観客たちに「いつもとは違う僕の声を聞きたくないですか?」とし、イ・ソンギョンは「スワッグ溢れるラップを今回披露しました」という話で好奇心をそそり、2月16日の公開を期待させた。