写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オートデスクは1月31日、ジェイアール東日本コンサルタンツ(JR東日本コンサルタンツ)と、建築/土木業界で用いられているBIM/CIMを活用し、鉄道関連施設の計画、設計、施工から運営、維持管理まですべてのライフサイクルをカバーする新しいワークフローを開発するパートナーシップを締結したと発表した。

同ワークフロー開発では、BIM/CIMとIoTを連携させたIoTプラットフォームの開発を行い、鉄道会社、設計・施工会社のほか、鉄道施設の利用者にも新たなサービスの提供を目指すとしている。

具体的には、鉄道関連施設の計画、設計、施工、運営、維持管理の各フェーズの中で、オートデスクのBIM/CIMソフトフェアやクラウドサービスなどを利用して作成した3次元モデルデータを、発注者、設計会社、施工会社、施設運用者、施設維持管理者およびその関係機関全体で共有するためのワークフローを開発するほか、BIM/CIMとIoTを融合させた人の流れを考慮した3Dナビゲーションアプリの開発、実務担当者から経営者にいたる幅広い人々が共通で3Dモデルデータを「見える化」することで、施設の価値を高めるコラボレーションなどを進めていくとしている。また、これらの実現に向け、オートデスクが保有するすべてのソフトウェアとクラウドサービスが使用できる「エンタープライズ・トークン・フレックス・プログラム」を利用できるような体制が構築されるほか、海外でのBIM/CIMの知見をもとにしたコンサルティングによる開発支援なども行っていく予定としている。

なお、両社は第1弾として、鉄道建設プロジェクトを対象にBIM/CIMのデータを整備し、これにIoTを連携させることで、IoTプラットフォームの成果検証を行い、その後、その適用範囲を広げていきたいとしている。