オスカー最有力候補の『ラ・ラ・ランド』
 - Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate. (C) 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

写真拡大

 長編映画やテレビドラマの優れた編集をたたえる第67回アメリカ映画編集者協会(ACE)エディ賞が発表され、第89回アカデミー賞で歴代最多タイの14ノミネートを記録した映画『ラ・ラ・ランド』がまた受賞を果たした。

 長編映画編集賞(ドラマ)は、エイミー・アダムスの『メッセージ』が受賞。『ラ・ラ・ランド』は長編映画編集賞(コメディー)を受賞している。また、長編アニメ賞は『ズートピア』が、ドキュメンタリー賞は『O・J:メイド・イン・アメリカ(原題) / O.J.: Made in America』に贈られている。

 The Wrap などによると、長編映画編集賞を受賞した映画が、その年のアカデミー賞編集賞も受賞する回数はこの10年間で6回に上り、4回は作品賞を受賞しているという。

 テレビ部門では「ゲーム・オブ・スローンズ」「ディス・イズ・アス(原題) / This Is Us」「Veep/ヴィープ」が受賞している。(澤田理沙)