ブルックリン発・卵料理専門店「egg」、日本1号店が池袋にオープン!

写真拡大

「Pasture Management Inc.」は、2017年4月に「egg(エッグ)」の海外初進出となる日本1号店を豊島区池袋にオープンします。

「egg」本店は、ニューヨーク州ブルックリンで、アメリカ南部スタイルの伝統的なブレックファーストメニューとブランチメニューを提供しているレストラン。地元農園で獲れたフレッシュな卵を使用した卵料理を中心に、フレンチトーストやカントリービスケット、半熟のとろっとした卵をデニッシュパンで包み、チェダーチーズをかけて焼き上げた看板料理の「エッグロスコ」など、乙女心をくすぐるメニューが盛りだくさん。また、近所の子どもを招待して、朝食を食べてもらうことで、“朝食の大切さ”が学べるイベントを開催するなど、地元に根付いた「地域密着型」のお店を目指しているのが特徴です。

日本1号店は、池袋の喧騒から少し離れた場所にオープン。本店と同様のメニューを味わうことができる「エッグロスコ」に注目です。また、ディナー使いもできるお店として、卵料理に合うワインなどのアルコールも楽しむことができます。

「朝食ぐらいはゆっくりと時間をかけてリッチに食べよう」というオーナーのジョージ・ウェルドの思いが詰まった「egg」で、最高の朝を迎えてみてはいかがでしょうか。

(マイナビウーマン編集部)