Doctors Me(ドクターズミー)- 花粉症で喉が痛くなるのはなぜ? 原因から知る大切な喉の正しいケア

写真拡大

毎年2月を過ぎた頃から、花粉症でくしゃみや目のかゆみに苦しむ人が急増する時期を迎えます。

でも意外と知られていないのが、花粉症による喉の痛み。なぜ風邪でもないのに花粉症で喉が痛むのでしょうか?

今回は花粉症による喉の痛みの原因、風邪の喉の痛みと何が違うのかを、耳鼻咽喉科の岡田先生に解説していただきました。

花粉症による喉の痛みは何が原因?


乾燥


鼻のように喉の粘膜もアレルギー抗原に対する受容体をもっています。そして、花粉症を引き起こすアレルギー抗原によって、喉の粘膜もアレルギー反応を起こし、粘膜がもっている湿潤保持能を保てなくなるために乾燥します。

喉の傷


乾燥した粘膜は物質の刺激の影響を受けやすく、唾や食べ物が喉を通過することによって少しずつ傷ついていきます。皮膚をひっかいた後にものが触れると痛みを感じるように、喉も傷がつくと痛みを感じます。

口呼吸


花粉症の鼻づまりによって口呼吸となり、本来、鼻を通して行っていた空気の加湿と清浄を介さずに、直接喉に空気が侵入することによって、喉の損傷を悪化させます。

後鼻漏


鼻水が喉の後ろを伝って、喉に落ち込む「後鼻漏」という状態により、さらに粘膜が傷つきます。この後鼻漏の鼻水の中には鼻に入ったアレルギー抗原が含まれているため、さらに喉のアレルギー反応は悪化します。

花粉症で喉が痛くなる原因はこういった複合的なものであると考えられています。

花粉症の喉の痛みが重症化すると起こりうる疾患


急性上気道炎


喉の粘膜の乾燥によって、喉の粘膜の防御機構の大きな役割を占めている粘液が出なくなり、風邪ウイルスや細菌が簡単に粘膜を通して体に侵入しやすくなります。

花粉症による喉の痛みの治療


検査内容


直接喉を観察、もしくはカメラなどで観察して、風邪などのウイルスが原因になっていないかを鑑別します。

治療内容


花粉症治療と同じで花粉症のアレルギーを抑える治療を行います。また、喉の粘膜を保護する薬を使用します。

さらに耳鼻科などでは、アレルギーや炎症を抑える物質が含まれた、喉のネブライザーを行います。

処方される薬


アレルギーを抑える抗ヒスタミン薬(アレグラなど)、粘膜を保護するムコダインやムコソルバンが服用されることが多いです。

花粉症による喉の痛みの対処方法


対処方法として適しているのは、失われた喉の保湿と、喉の洗浄能力を補うことです。

具体的には、マスクによる喉の保湿、うがいによる喉の洗浄です。

花粉症による喉の痛み予防対策


部屋の加湿とマスク、鼻水を軽くかむなどをして、後鼻漏を防ぎましょう。

また、食事の前に水を飲み、粘膜の潤いを助けてあげるのも良いでしょう。

最後に岡田先生から一言


喉の違和感、痛みは仕事や日常生活の質を下げる大きな要因です。

また、食事のときの痛みを嫌がり、摂取カロリーが減ると粘膜の回復は遅れてしまいます。

食べやすいもので良いのできちんとカロリーを摂り、粘膜の早期回復を促してあげてください。

(監修:耳鼻咽喉科 岡田先生)