楽天は安心・安全への取り組みとして、2014年1月に「品質向上委員会」を設置。またブランド模倣品などの権利侵害品や偽サイトについても、外部団体やブランド権利者の協力を得ながら各種対策を講じている(画像は公式Webサイトより)

写真拡大

 楽天は30日、インターネットショッピングにおける不正事案の抑止を目的に、警視庁への定期的な情報提供を開始したことを発表した。

 楽天と警視庁は、インターネットショッピングで不正にクレジットカードを利用した詐欺事件などの抑止を目的として、2016年12月15日に「インターネットを利用した不正事案の抑止に係る協定書」を締結。今回の情報提供の開始は本協定に基づいたものとなる。

 具体的には、「楽天市場」における取引のうち、犯罪との関連が疑われる取引に関する情報を毎月提供する。楽天と警視庁は必要に応じて情報交換を行い、相互連携を強化することでインターネットを利用した不正事案の根絶を目指していくという。

■関連リンク
防犯システムNAVI