桃園メトロ(MRT)空港線に試乗する蔡英文総統(右2)

写真拡大 (全2枚)

(桃園 31日 中央社)蔡英文総統は31日、来月2日にプレ開業する桃園メトロ(MRT)空港線を視察し、台北(台北市)―高鉄桃園(桃園市中レキ区)間で試乗した。試乗を終えた蔡総統は「空港線開業に伴い、台湾の公共交通が新たなマイルストーンに向かっていければ」と期待を示した。(レキ=土へんに歴、木を禾に)

蔡総統は桃園メトロ台北駅で案内を聞き、事前搭乗手続きエリアを視察。改札に入った際、取材陣から満足しているか尋ねられると、笑顔で親指を立て「いいね!」のジェスチャーをしてみせた。

乗車中には嬉しそうな表情で窓の外を眺め、沿線の風景を楽しんでいたほか、空港線の利便性の高さを実感していた。同桃園空港第2ターミナル駅では一時下車し、報告を聞き取った。

蔡総統は同高鉄桃園駅でのあいさつの中で、空港線開業の重要な意義は「地域活性化」と「空港の輸送力の大幅な増強」の2点だと説明。国内外の人々に台湾の濃厚な人情味を感じてもらいたいと述べた。

来月2日から3月1日までのプレ開業期間中は運賃無料。3月2日に正式開業する。

(邱俊欽、顧セン/編集:名切千絵)