写真提供:マイナビニュース

写真拡大

富士通は1月31日、ニフティをISPを中心とするコンシューマ向け事業会社とクラウドを中心とするエンタープライズ向け事業会社に再編し、コンシューマ事業をノジマに譲渡すると発表した。

コンシューマ事業は、2017年4月1日付で富士通が新設する100%子会社(ニフティ株式会社、資本金:1億円)に継承。その株式すべてのノジマに譲渡する。一方、エンタープライズ向け事業は、2017年4月1日付で富士通の100%子会社である富士通クラウドテクノロジーズ株式会社 (資本金:1億円)を設立して、事業を行う。

エンタープライズ向け事業については、富士通の保有するクラウドビジネスのノウハウや顧客基盤と、ニフティがこれまで培ってきた「ニフティクラウド」のノウハウや実績とを組み合わせることにより、更なるクラウド事業基盤の強化・拡大を図り、売上成長が顕著な「ニフティクラウド」について、引き続きその特長を活かした顧客へのサービス提供に努め、合わせて富士通のクラウドサービス「FUJITSU Cloud Service K5」のラインナップに加えることで、クラウド活用への対応力を強化するという。

(丸山篤)