本格的に寒いこの時期、雪が積もってしまう地域はまともにバイクに乗れませんよね。

1

でもスキー場でできるバイク遊びがあったんです!今回はスノースクート、スノーモトで遊んでみました!

これがスノースクートと呼ばれる乗り物。自転車のタイヤを板に変えたような感じで、前後に独立した板が付いています。

後ろの足をフットストラップと呼ばれる輪っかに通して体重移動しながらコントロールします。

靴はスキーみたいに専用の靴ではなく、基本なんでもOK。今回はスノーブーツでやりました。

リーシュコードという紐が付いていて、万が一転倒した時もスクートだけ飛んでいかないようになっています。

飛んでいったスクートが他の人に当たる、というのも考えられるのでリーシュコードは絶対しましょう。

今回協力してもらったのは新潟県魚沼市にある「須原スキー場」。スノースクートのレンタルも行っていて、今回の写真のスクートもレンタルしたものです。

初心者でも楽しめるゆるやかなコースから、プロも大喜びのエキスパート級コースまで様々なコースがあります。

若者限定のお得なプランもあるので10代、20代前半の方には特におすすめのスキー場です!

早速滑ってみました!ちなみに僕・佐藤は、小学生以来スキー・スノボーは一切触れたこともないド素人。

「まぁバイクと似たようなもんっしょ!」とナメてかかってました…。

いざ滑ってみると結構難しい!開始3分で早速吹き飛びました。

バイクと違って雪の場合はオフロード以上に転けても痛くないのがいいですね。

しばらく必死で練習してたのですが、コントロールする場所が足元なのでバイクよりもスノボーに近いような気がします。現にスノボーがうまい人に乗ってもらったらスイスイ乗れていたので…。

しばらくはひたすら練習しまくり、段々体に馴染んでコントロールできるようになると相当楽しいです!ハンドルのお陰で後ろ荷重になりにくいし、足もある程度自由なのでスノボーよりも簡単に乗れるはず。

思いっきりスライドできるようになると相当燃えます!

コツはハンドルでの操作じゃなくて足腰でコントロールすること。止まるときはエッジを立てれば勝手に減速してくれます。

さすがに中級者以上の急なコースは難しかったですが、初心者中級者のコースを存分に楽しめる乗り物だと思います!

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連リンク】

須原スキー場
住所:〒946-0216 新潟県魚沼市須原1846-13
営業時間:午前8時30分〜午後4時45分・駐車場無料
TEL:025-797-2059/025-797-2750
URL:http://www.suhara-ski.com

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

スキー場でできるバイク遊び? スノースクートをやってみた!(http://clicccar.com/2017/01/31/438077/)