使うほどにツヤと深みが増す吉野杉を使った曲がる手帳

写真拡大

 4月始まりやキャラクターものなどが登場し、種類が格段に増えている手帳。なかでも、注目を集めているのが木製の手帳なのだが、これがただの木製ではない。「曲がる木のシステム手帳」iLignos(アイリグノス 1万800円)なのだ。

 製造元の「名古屋木材」(愛知県名古屋市)は1945年創業で、木材や合板などを扱い、住宅建築も行っている。

「日本の森林率は国土の約68%ですが、木材自給率は約3割。豊かな木は伐採されずに放置され、森林は荒廃。土砂災害を招くなど問題化しています。自然からの最高の贈り物である木材を有効に使うために、“極め、見分け、生かし、循環型社会形成に貢献する”のが、わが社の理念。長年の研究から、新しい木の素材を生み出してきました」

 と、同社経営企画部・栗原慎二さんは語る。

 日本に多く植林されている杉やヒノキは、木材の中では比較的柔らかいため、使い道が限られてしまう。そこで、最初に開発したのが“硬い木”だ。化学薬品を使わず、水蒸気や熱、プレスの力だけで行う独自の圧縮成形加工により、木を約半分に圧縮。こうしてできた密度が高く硬い木は、ゴルフのパターに使われるなど用途が拡大。そこで、この技術を応用して、今度は“柔らかい木”の開発に着手した。

「厚さは約1.2mm。普通の木材をこの薄さにすると簡単に割れますが、独自の木材圧縮成形技術を施すことで、驚くほどの柔軟性が生まれました。木目に沿ってしか曲がりませんが、一般的な革製品と同じくらい柔らかいので、無理なく曲げられますよ」(栗原さん、以下「」内同)

 開発を始めてから約1年、2016年3月に完成したシステム手帳は、木目や色合い、曲がり具合もさまざまだ。

「日頃の手入れは柔らかい布で拭けばOK。経年による風合いの変化も楽しめます」

 奈良の吉野杉を柔らかく圧縮して独自の素材を作り上げている。

「杉の香りには、脳をリラックスさせる効果があるといわれています。温もりのある手触りは、蜜ろうなどを含む天然成分由来のワックス仕上げによるもの。完全ではありませんが、防水性もありますよ」

「ウッドデザイン賞2016 奨励賞(審査委員長賞)」などの受賞歴もある。

※女性セブン2017年2月9日号