映画「ルシッドドリーム」スチールカットを公開 …JYJ ユチョンも強い存在感を残す

写真拡大 (全2枚)

映画「ルシッドドリーム」(監督:キム・ジュンソン、制作:ロードピクチャース、配給:NEW) が、俳優陣の熱演を写したスチールカット10種類を電撃公開する。

「夢を見ていることを自覚して見る夢」という現象“ルーシッドドリーム”を素材にして多くの関心を集めている映画「ルシッドドリーム」が、記憶追跡のプロセスを盛り込んだスチールカットを公開。

「ルシッドドリーム」は、大企業の不正の告発を専門とする記者デホ(コ・ス) が3年前に計画的に拉致された息子を探すためにルーシッドドリームを利用、隠された記憶の中から糸口を探して犯人を追う記憶追跡SFスリラーだ。

この日公開されたスチールカット10種類には、今まで見たことがない斬新なストーリーから、忠武路(チュンムロ:韓国映画界の代名詞) を代表する演技派俳優の熱演が確認できる。

3年前に行方がわからなくなった息子を探すために孤軍奮闘する、大企業不正告発専門記者デホ(コ・ス) の切迫した姿と、彼を助ける失踪事件担当の刑事パン・ソプ(ソル・キョング) のカリスマあふれる眼差しは、見る人に大きな期待を膨らませる。デホとパン・ソプが共に事件を追跡する姿は、今後繰り広げられるストーリー展開に対する好奇心を呼び起こす。

また、デホの友達であり精神科医師ソヒョン(カン・ヘジョン) は、冷徹ながら知的な姿を披露して観客を魅了させる。数多くの人波の中で立ち止まっている謎の男、ディスマン(JYJ ユチョン) は、映画の中で印象深い存在感を発揮し、“観たくなる欲求”を刺激するのに充分だ。

ルーシッドドリームを通じて夢の中に入るデホの姿は、韓国でこれまで一度も見ることができなかったビジュアルを披露して観客の耳と目を作品へ向かせる。加えてデホの前で銃を向けたミステリアスな人物の姿が盛り込まれたスチールもまた、緊張感あふれるアクションを披露することを予告し、映画に対する期待を加えている。本作は韓国で2月22日より公開される。