来日中のティム・バートン監督

写真拡大

 鬼才ティム・バートン監督が31日、六本木のグランドハイアット東京で行われた映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』来日記者会見に出席、本作で描かれている「ありのままの自分を受け入れる」というテーマについて熱く語った。

 映画『ビッグ・アイズ』と美術展「ティム・バートンの世界展」のプロモーション以来、2年3か月ぶりの来日となったバートン監督は、「今日は特別な映画を持ってくることができて、とてもうれしいよ」とあいさつ。本作はランサム・リグズの小説「ハヤブサが守る家」を実写化したファンタジーで、奇妙な子供たちが暮らす屋敷を訪れた少年が、彼らに迫りつつある危険と自身の秘めた宿命を知り奮闘する姿を活写する。
 
 本作で語られる「ありのままの自分を受け入れる」というメッセージについて、「自分でも感じていたことなんだけど」と切り出すバートン監督は「よく周りから変わっていると言われるような人は、芸術性に富んでいる人だったり、物静かな人だったりということが多い。でも、そういう風に変わっていると思われるような人はイイ人なんじゃないかな。他とはちょっぴり変わったところがあっても、中身は普通の子供たちなんだということが大切だとこの映画では描いているんだ」と力説する。

 バートン監督自身、ふたりの子供の父親ということもあってか、本作に出演する子供たちの演出を振り返り、「子供たちはやっぱり言うことを聞いてくれないよね」としみじみしつつも、「今回は演技未経験の子もいたんで、なるべくCGを使わずに、セットや美術も本物を使うようにして、子供たちに実際に体験してもらおうと思ったんだ。なるべくスタントマンもなしで、まるで自分たちがアクションヒーローになったような気分になってもらって。(キャラクターを)感じてもらうようにしたんだ」と述懐。

 さらに、本作で奇妙な子供たちを守るミス・ペレグリンを演じるエヴァ・グリーンについては、「彼女にはサイレント映画に出てくる女優の雰囲気がある。つまり言葉を語らずに伝えることができるんだ。また、ジョニー(・デップ)とはまた違ったタイプの俳優だけど、彼女もまた、コミカルだったり、ミステリアスだったり、エモーショナルだったりと、いろんな側面を演じ分けることができるんだ」と説明する一幕もあった。

 そしてこの日は女優でモデルの松井愛莉、そして人気の双子りんかちゃん&あいなちゃんが来場。ミス・ペレグリンにふんした松井、そして劇中の双子と同じような衣装を着たりんかちゃん&あいなちゃんの姿を見たバートン監督は「あまりにも素敵すぎて。今日から日本版を撮影したい気分だよ」とご機嫌だった。(取材・文:壬生智裕)

映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』は2月3日より全国公開