小倉久寛や藤井隆も参加

写真拡大

 ウォルト・ディズニーが手がける実写版「美女と野獣」プレミア吹き替え版のキャスト発表会が1月31日、都内で行われ、ヒロイン・ベル役の昆夏美、野獣役の山崎育三郎をはじめ、舞台・ミュージカルで活躍する実力派11人がクレジットに名を連ねることが明らかになった。

 この日、発表された吹き替えキャストは11人。ベル役の昆、野獣役の山崎に加え、家具や調度品に姿を変えられたお城のキャラクターとして、ティーポットのポット夫人役に岩崎宏美、その息子・チップに池田優斗、しょく台のルミエールに成河、置時計のコグスワースに小倉久寛、洋服ダンスのマダム・ド・ガルドローブに濱田めぐみ、羽ぼうきのプリュメットに島田歌穂がキャスティング。ベルが暮らす村の人間では、ベルの父で発明家のモーリスに村井國夫、ベルに求婚するガストンに吉原光夫、その子分のル・フウを藤井隆が演じる。

 会見冒頭では、昆と山崎を中心にキャスト陣が力強い歌声で「美女と野獣」を披露した。昆は、劇中のベルと同じ黄色いドレスで登場。幼少期から同作が大好きで「ビデオが擦り切れるくらい見た」と明かし、「(オリジナル版で)エマ・ワトソンがベルを演じると聞いて『なんてぴったり!』と思ったし、いちファンとして『早く見たい』と思ったんですが、こうして携わることになって、光栄です。人生、何が起こるかわからないなという、うれしい驚きでした」と喜びを口にする。

 野獣役の山崎は、子どもの頃にクリスマスプレゼントでディズニーのビデオを贈られたと明かし、昆と同様に「テープがちぎれるくらい、何百回も見た」と振り返る。「そのころから『いつかディズニー作品の吹き替えをしたいと思っていたので、夢がかないました!」と感激の面持ちで語った。

 吹き替えキャストは全員、オーディションを経て選出されており、村井は72歳にして、オーディションでモーリス役を獲得したことに誇らしげな様子。「『ダンボ』や『バンビ』など、(ディズニー作品は)白黒のときから60年以上見てきました」と語った。

 収録はこれから行われるが、山崎は「いままで語られなかった野獣の生い立ちが描かれます。男性にもぜひ見てほしい」と語り、昆も「“プレミアム”吹き替え版と言っていただける作品にしたい」と意気込んでいた。

 「美女と野獣」は、4月21日から全国公開。