人気スポーツドラマの続編「ドキドキスパイク2」(原題)3月よりCS衛星劇場にて日本初放送

写真拡大

ソン・ジェリム&ファン・スンオン主演で人気を博したスポーツドラマ「恋のドキドキスパイク」の続編、「ドキドキスパイク2」(原題) が3月からCS衛星劇場で日本初放送される。

「ドキドキスパイク2」の主演を務めるのは「夜を歩く士<ソンビ>」などで演技力が認められたキム・ソウンと「太陽を抱く月」でデビューして「ジギルとハイドに恋した私〜Hyde, Jekyll, Me〜」で人気を博したイ・ウォングン。前作に続き「トンイ」や「オクニョ 運命の女(ひと)」などのヒット作を手掛けてきたキム・ジョンハクプロダクションが製作した。

■放送概要
「ドキドキスパイク2」(原題)
CS衛星劇場にて、3月より日本初放送

演出:キム・ジニョン
脚本:チェ・ジヨン
2016年/全8話
出演:キム・ソウン、イ・ウォングン、キム・ソヌン

<ストーリー>
テハン大学バレー部は、大学のバレーボールリーグで万年ビリ。監督とキャプテンのコ・イラ(キム・ソヌン) はバレー部の実力不足とセッター不在に頭を悩ませていた。そんな中、バレーボールのプロリーグでスター選手だったトン・ヘソン(イ・ウォングン) が新入生として入学してくる。イラは天才セッターだったヘソンの入学に大喜びし、彼をバレー部に誘うが、ヘソンはバレーボールを辞めて普通の学生になりたいときっぱり断るのだった。一方、ヘソンは勉強を教えてもらうために、首席で入学したハン・ダウン(キム・ソウン) に近づく。イラのことを密かに想っている彼女の恋愛カウンセラーになる代わりに、ヘソンはダウンに勉強を教えてもらうことになる。友人として過ごしていくうちに、純粋でまっすぐなダウンに徐々に惹かれていくヘソン。ヘソンは、ダウンのためにイラの誘いを引き受け、試合に出ようとする。ヘソンは自分が試合に出る代わりに、イラにダウンとデートしてほしいと頼むが…。

■関連サイト
番組詳細:http://www.eigeki.com/topics?action=detail&topic_id=1513