CLC、5thミニアルバム「CRYSTYLE」が米ビルボードワールドアルバムチャート6位に!…“キム・ヒョナ効果?”

写真拡大

ガールズグループCLCの5thミニアルバム「CRYSTYLE」が米ビルボードにランクインした。

25日、ビルボードの最新ワールドアルバムチャートによると、17日に発売されたCLCの5thミニアルバム「CRYSTYLE」が6位を獲得した。

ビルボードワールドアルバムチャートTOP10入りを果たしたCLCのニューアルバムのタイトル曲「鬼」はEDM(エレクトロニクス・ダンス・ミュージック) トラップジャンルの曲だ。好きな相手に積極的にアピールしながら心を魅了する“女性の鬼”という、今までになかったキャラクターのストーリーが込められている。

所属事務所の先輩であるキム・ヒョナがタイトル曲の作詞だけではなく全体的なパフォーマンスとイメージコンセプト、スタイリングまで後輩のために多方面で自身のノウハウを伝授したということで、カムバック前から話題となっていた。

CLCはこれに応えるかのように、ビルボードワールドアルバムチャート6位を獲得し、“キム・ヒョナ効果”を得ている。また、iTunes K-POPシングルチャートでは、アメリカ、フランス、ブラジルなど5ヶ国で1位を獲得するなど、カムバックの成功を知らせた。

新たに変身した姿でカムバックしたCLCは、17日に5thミニアルバム「CRYSTYLE」を発売し、精力的な活動を繰り広げている。