写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サイバーセキュリティクラウドは1月31日、Webサイトへのあらゆる攻撃を遮断するクラウド型WAF「攻撃遮断くん サーバセキュリティタイプ」に、大規模なWebサービスのセキュリティを支援する新プラン「使い放題プラン」を加え、提供を開始した。また、第1弾の提供先として、NTTドコモが運営するサービスへ提供開始した。

「攻撃遮断くん サーバセキュリティタイプ」は、サーバへインストールしたエージェントからクラウド上の監視センターへログを送信し、監視センターにて攻撃検知・遮断命令の処理を行うため、サイバー攻撃の検知・遮断の最中でもサーバ負荷は1%を超えないという。

NTTドコモでは、サービス利用者が増加する中、データセンターが複数個所に分かれており、サーバが何百台もある状況で、アプライアンスやホスト型などの既存サービスでは、導入コストが膨大で運用も現実的なものではないという課題があった。

「攻撃遮断くん 使い放題プラン」の導入により、専用の「攻撃遮断くん 監視センター」を構築し、NTTドコモが運営するサービスにおいて定額でのWAF運用が可能となった。

提供価格(税別)は、ベーシックプランが月額4万円、従量課金プランが月額10万円(5000万リクエストごと)、使い放題プランが月額80万円。

(山本明日美)