1月30日(月)にNetflixで配信された「TERRACE HOUSE ALOHA STATE」(毎週月曜夜0時配信)では、新メンバーで20歳のプロサーファー・魁(がい)が登場/(C)フジテレビ/イースト・エンタテインメント

写真拡大

1月30日夜0時にNetflixで配信された「TERRACE HOUSE ALOHA STATE」第12話で、エリックが卒業し20歳のプロサーファーが男子新メンバーとして加入した。

【写真を見る】新メンバー同士の杏奈と大志がハグ!/(C)フジテレビ/イースト・エンタテインメント

「死ぬほどの恋をしにハワイに行ってきます!」と言ってテラスハウスへやってきた“爽やかイケメン”の大志が新加入した第11週。

12週では、ポップアップストアをついに完成させたエリックが卒業し、神奈川・茅ヶ崎出身で20歳のプロサーファー・魁(がい)が新メンバーとして登場。

5歳からサーフィン漬けの日々を送ってきたという魁(がい)は、「ハワイのビッグウエーブをアタックしたい」とサファーとしての意気込みを語る一方で、「みんながやってきたことに触れられる機会だと思った」とテラスハウスへ来た目的を明かす。

そんな素直な魁(がい)の姿に、スタジオのYOUは「かわいい!」と絶賛し、トリンドル玲奈に至っても「おうちにほしい」とメロメロ。

また、クリスマスを控えたメンバーの恋が動きだしていく。まず、前週で互いの気持ちの温度差に変化が見受けられたエビアンと侑哉だったが、エビアンへのそっけない態度は侑哉の単なる照れ隠しであったことが分かる。

さらに、「大志といるとすごい楽しい」「フィーリングは杏ちゃんと一番合う」と新メンバーの杏奈と大志が互いの距離を縮めていく。次週では、そんなメンバーたちのクリスマスが見られそうだ。