「葉の茶 芳醇一煎」の500mlサイズ(税別130円)

写真拡大

宇治抹茶で旨みを追求した緑茶が登場。飲用シーンに合わせて2タイプから選べる。

【写真を見る】「葉の茶 芳醇一煎」の300mlサイズ(税別115円)

ダイドードリンコ株式会社は、「葉の茶 芳醇一煎」の300mlサイズ(税別115円)を2月13日(月)から、500mlサイズ(税別130円)を3月13日(月)から、それぞれ販売開始する。

飲用シーンに合わせて“宇治抹茶”で旨みを追求した緑茶で、300mlサイズは玉露も加えることでお茶本来の奥深さを実現。国産茶葉を100%使用し、宇治抹茶と石臼で丁寧に挽いた玉露を加えることで、食事などのシーンに合わせ、お茶本来の奥深さと上品な飲みやすさを追求している。

500mlサイズは、こだわり抜いた宇治抹茶を使用し、飲みやすさとお茶の旨みを両立させた。国産茶葉100%で、喉が渇いた時などに飲みやすく、お茶の旨みを楽しめる味わいに仕上げている。

また、茶葉の特徴に合わせて2つの抽出温度を使い分け、低温で旨み、高温で香りを引き出し、急須で淹れたような味わいを実現。開発担当者も、「飲用シーンに合わせ、それぞれ最適な容量と味わいに仕上げました」と商品への自信を語る。

お茶の旨みと飲みやすさを追求した「葉の茶 芳醇一煎」。「玉露も加え奥深い味わい」と「芳醇な旨みと飲みやすさ」をそれぞれ味わってみて。【ウォーカープラス編集部/コタニ】