写真提供:マイナビニュース

写真拡大

女優エマ・ワトソンが主演を務めるディズニーの実写映画『美女と野獣』(4月21日公開)のプレミアム吹替版キャスト発表会が31日、都内で行われ、11人の吹替キャストが登場。ヒロインのベル役にはミュージカル界の期待の若手・昆夏美が抜てきされた。

昆は、洗足学園音楽大学在学中の2011年に初主演ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』のヒロイン・ジュリエット役でプロデビュー。その後も、『ハムレット』のヒロイン・オフィーリア、『レ・ミゼラブル』のエポニーヌ、『ミス・サイゴン』のキムなどの大役を次々と射止めてきた。

この発表会では、ピアノとチェロの演奏に乗せて吹替キャストが紹介され、昆は歌いながらステージに登壇し、美しい歌声で魅了。そして、「『美女と野獣』という作品の大ファンで幼いころからビデオが擦りきれるまで何回も何回も見ていたので、実写版が上映されると決まって、ベル役をエマ・ワトソンさんが演じられると聞いたときから一ファンとして早く見たいと思っていた」と『美女と野獣』への熱い思いを語った。

続けて、「こうして作品に携われることができて大変光栄に思いますし、人生何が起こるかわからないといううれしい驚きでいっぱいです」と感激。「ベル役はディズニープリンセスのなかでも芯が強かったり、自立した女性という部分が強く描かれているキャラクター。そういった部分も考えながら収録していきたいと思います」と意気込みを語った。

なお、ベル役の昆、野獣役の山崎のほか、ル・フウ役は藤井隆、ポット夫人役は岩崎宏美、モーリス役は村井國夫、チップ役は池田優斗、ガストン役は吉原光夫、フミエール役は成河、コグスワース役は小倉久寛、マダム・ド・ガルドローブ役は濱田めぐみ、プリュメット役は島田歌穂が演じる。