スシクロワッサン、キムチクロワッサン大不評

写真拡大

クロナッツやクラフィンといった新しいクロワッサン探しは常に行われているものの、アメリカで開発された新商品が「どうかしている」との評価を受けているようだ。

ロサンゼルスに拠点を置くパン店が生み出したのは、クロワッサンの中に巻き寿司を入れたという“クロワッサン・スシ”。具材は鮭で、海苔やわさび、醤油なども入っているそうだがお客には大不評。「なぜ誰も止めなかったのか」「クロワッサンと魚の生臭さはかなりひどい組み合わせだ」「勇気と想像力には敬意を表すが…」といった感想が続々と上がることになった。

不評を買ってしまったこのお店、起死回生の一手なのか、韓国に支店があるからか、キムチ・クロワッサンなるものも投入するが、こちらも「悪化している…」「だから誰か止めろって」「クロワッサンと発酵食品、しかも辛い組み合わせはとてもひどい」「行き過ぎた勇気は蛮勇と呼ぶべきだ」「食べ物を売ってくれ」と不評の嵐。

ネットでは「他のパンは美味しそうなのに」「実際食べている人がいるのなら、あとは淘汰に任せるべきでは」「パンに無理やり合わせなくてもいいじゃないか」といったコメントが寄せられているようだ。