ティム・バートン監督が松井愛莉や人気双子姉妹のコスプレに感激

写真拡大

『アリス・イン・ワンダーランド』シリーズのティム・バートン監督最新作『ミス・ぺレグリンと奇妙なこどもたち』(2月3日公開)でティム・バートン監督が来日し、1月31日に開催されたグランドハイアット東京での来日記者会見に登壇。監督の大ファンである松井愛莉や、大人気の双子姉妹りんかちゃん&あんなちゃんも登場し、バートン監督を迎えた。

【写真を見る】コスプレしてきた松井愛莉の脚線美にも注目

バートン監督は本作で描かれる奇妙な子どもたちについては、自分自身が感じ経験したことだと明かした。「周りから変わっていると言われる人はとても芸術性に飛んでいたり、静かな人であったりする。でも、実は良い人たちで、ちょっと奇妙なところがあっても、中身は普通の子どもたちであるということがとても大切だと思っている」。

日本札が劇中で登場することについて監督は「日本のことを入れたのは、日本で撮影したかったけど、結局は予算がなくてアメリカで撮影したからなんだ」と笑った。

続いて、松井愛莉と双子姉妹のりんかちゃん&あんなちゃんが劇中のキャラクターのコスプレをして登場。ティム・バートン監督は「みなさんが素敵すぎて、いまから日本版を撮りたいくらいだ」とご機嫌に称えた。

松井は「観終わった後、興奮状態でした。印象に残るシーンがありすぎて、すごく良かったです」と紅潮しながら感想を述べた。

『ミス・ぺレグリンと奇妙なこどもたち』は、謎めいた島を訪れた少年が体験する奇妙な出来事を描いたベストセラー小説を、ティム・バートン監督が実写映画化したダーク・ファンタジー。『ヒューゴの不思議な発明』(11)のエイサ・バターフィールドが主人公の少年ジェイクを演じた。【取材・文/山崎伸子】