和田アキ子

写真拡大

 昨年末の『第67回NHK紅白歌合戦』で落選した和田アキ子が、再び注目を集めている。

 落選直後は怒りのあまり、自身のラジオ番組で「今年は(紅白を)見たくないですね。とっとと日本を後にして」などと、悔しさをあらわに。その後、落ち着きを取り戻したものの、やはり腹の虫は収まっていないのか、今月27日放送の『タウンタウンなう』(フジテレビ系)では「もうちょっと(NHKは)大人の対応をしてほしかった。やっぱり『持ちつ持たれつ』やったから」と苦言を呈した。

 また、29日放送の『八方・陣内・方正の黄金列伝!』(読売テレビ)では、落選の一報を聞いたときの心境を告白。マネジャーを通じて公式発表の2日前に聞いたそうで、しばらくは事実を受け入れられず、大荒れ。所属事務所ホリプロの幹部から「大人になりなさい」となだめられても、「子どものまんまでいたい。こんな大人、イヤです」と反発したという。

 その上で、和田はあらためて「(落選は)悔しい」と述べ、「この悔しさは、あそこの局(NHK)だけに向けるわけではなく、今年の(芸能生活)50周年のバネにして、(NHKに)『あ〜、失敗した、逃げた魚は大きかったな』と思ってくれたら」と、奮発材料にすることを誓った。

 ホリプロは、功労者である和田の50周年を祝うために、超有名アーティストが参加する豪華企画を準備中というが、採算が取れるがどうかは未知数だ。

「和田さんは数々のレコード会社を渡り歩き、現在はテイチクエンタテインメント内で、彼女のためだけに作られた『ユニオンレコード』から新曲を発売している。特別待遇のように見えますが、ホリプロもかなりの金額を投じている。彼女のCDが売れないのは有名な話ですが、かといって、新曲を出さないわけにはいかない。彼女は『歌えなくなったときが引退のとき』と公言していますからね」とは音楽関係者。別の関係者も続ける。

「レコード会社の本音としては、赤字覚悟で出したくはないはず。しかも、彼女の取り巻きは、売れない理由をプロモーションのせいにしますからね。過去、彼女の作品に携わった宣伝担当の1人は『大変だった……』とグチっていました」

 採算度外視のメモリアルイヤー、果たして成功なるか!?