トランプ大統領がシリアからの難民受け入れの停止、およびイスラム教徒が多数派を占める国からの入国を一時停止する大統領令に署名したことに対してシリコンバレー各社は猛反発する姿勢を見せています。Googleでは、8つのオフィスで従業員らがストライキを実施し、本社には政策を批判する人たちが集まりました。



Bri Connelly氏のツイートによると、カリフォルニア州マウンテンビューにあるGoogle本社で行われている抗議には従業員およびその家族たちが参加しており、その数は最低でも187人とのこと。以下の写真は抗議に集った人たちの姿ですが、Google以外の人たちも参加しているのかは不明です。







Catherine Hicksさんは「今日はこれがお仕事」とツイートしています。



Googlers stage a walkout to protest Trump's immigration ban

https://www.engadget.com/2017/01/30/googlers-stage-a-walkout-to-protest-trumps-immigration-ban/

Anti-Trump protesters gather at Google headquarters

http://www.cnbc.com/2017/01/30/google-employees-protest-trump.html

抗議は2000人規模のもの。Googleはこの集会に対して公式なコメントを出していませんが、Engadgetが得た情報によると、従業員らの集会を支持する方針だとのこと。

すでにGoogleでは会社から200万ドル(約2億2700万円)、従業員らから最大200万ドル、合計400万ドル(約4億5500万円)を移民問題を扱っている移民法律情報センター、国際救済委員会、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、アメリカ自由人権協会(ACLU)へ寄付することを決定しています。

Exclusive: Google creates $4 million crisis fund for immigration cause

http://www.usatoday.com/story/tech/2017/01/29/exclusive-google-creates-4-million-crisis-fund-immigration-cause/97231876/