エマ・ワトソン主演映画「美女と野獣」の吹き替え版で、ベル役をミュージカル界期待の若手・昆夏美が務める

写真拡大

4月21日(金)から公開されるエマ・ワトソン主演の実写映画「美女と野獣」のプレミアム吹き替え版キャスト発表会が行われ、ベル役の昆夏美、野獣役の山崎育三郎ら総勢11人のキャストが初お披露目された。

【写真を見る】野獣役には舞台、ドラマなどで幅広く活躍する山崎育三郎

今なお愛され続けている不朽のディズニー・アニメーション「美女と野獣」を、主演にエマ・ワトソンを迎え、ディズニーこん身の実写映画として注目を集める本作。

エマが演じる村の美しい娘・ベル役の吹き替えを務めるのは、ミュージカルで活躍する女優・昆夏美。'11年にミュージカル「ロミオ&ジュリエット」でメジャー作品プロデビューしてから、ミュージカル「ハムレット」('12年)や「レ・ミゼラブル」('13年ほか)、「ミス・サイゴン」('14年)など、弱冠25歳ながら数々の名作でヒロインやメインキャストを務めているミュージカル界注目の若手女優だ。

そして、野獣役にはミュージカルやストレートプレイの舞台の他、テレビドラマなどでも活躍の幅を広げる山崎育三郎。

昆と山崎は、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」のロミオとジュリエットとして共演。久しぶりの恋人役にも期待が高まる。

そして、ポット夫人役を岩崎宏美、モーリス役を村井國夫、ガストン役を吉原光夫、ル・フウ役を藤井隆、ルミエール役を成河、コグスワース役を小倉久寛、マダム・ド・ガルドローブ役を濱田めぐみ、プリュメット役を島田歌穂、チップ役を池田優斗が務める。

実力派の俳優が顔を揃えた会見では、キャスト陣により主題歌である名曲「美女と野獣」が生歌披露され、その圧倒的な歌唱力で本編への期待を膨らませた。