新年を迎えて早1カ月。気分を一新してスタートを切った人も多いかと思いますが、気持ちだけでなく、室内空間も変えてみるのも、新たな気分を盛り上げる1つの方法です。

でも、ソファやテーブルなどをいきなり買い替えるのは難しいのが現実。そこで、さり気ないインテリア小物を採り入れるだけで部屋の印象を変える、選りすぐりのアイテムを、インテリア&プロップスタイリストの窪川勝哉(くぼかわ・かつや)さんにセレクトしてもらいました。

窪川勝哉(くぼかわ・かつや)/インテリア&プロップスタイリスト
160613_sony_soundbar_prof.jpgインテリアのみならずクラフトから家電までプロダクト全般に造詣が深い、男性には珍しいインテリアスタイリスト。雑誌やテレビなどメディアでのスタイリングだけでなく、ウインドウディスプレイやマンションのモデルルーム、イベントのデコレーションなども手がける。2011年渡英。2013年より再び拠点をロンドンから東京に移し活躍中。公式サイト


壁に線画を描いたような壁掛け時計で、ギャラリー風のミニマルな空間に


170131SteltonP7040326.jpg

画像提供:WEBO ONLINE STORE


商品名:「ステルトン・タイム」特 長:オブジェのような佇まいと美しさを魅せる壁掛け時計。文字盤がなく、丸いフレームと一体となった分針と、本体にある短い時針だけの洗練されたデザインはシンプルな壁に独自の個性を放ちます。部屋のベースカラーに合わせて選べる4色があります。

窪川氏:部屋に入った瞬間やソファに座ると、まず目につくのが壁です。床に配置したインテリアにこだわることも必要ですが、実は、壁をいかに自分らしく生かすかで、室内空間の印象は大きく変わります。

そこで選んでみたのが、デンマークのステルトン社がその名を冠した、壁掛け用のデザイン・クロック「ステルトン・タイム」です。

デンマークは素晴らしい工業製品を生み出しているドイツに隣接していることから、ドイツの機能性と北欧的な洗練さを融合したモダンなデザインが多いのが特長です。「ステルトン・タイム」も、そうしたデンマークのプロダクト文化が反映され、必要最低限の時計機能にオブジェのような美しさと斬新なデザインが、アイキャッチとして室内空間にミニマルで個性的な印象を与えてくれます。

壁が寂しいからとポスターや写真を飾るのも1つの方法ですが、一番目に付きやすい壁を無垢なキャンバスに見立てて、「ステルトン・タイム」だけを飾るとギャラリー風の空間になり、部屋がランクアップした気分になると思います。

また、色違いの「ステルトン・タイム」を2つ壁に掛けて、ワールドクロックのようにするのも、遊び心があっておもしろいですね。新しい自分の時を刻むアイテムとしておすすめです。


世界的デザイナーが手掛けたシューホーンで玄関をモダンに彩る


170131Voyage Shoehorn_.jpg


商品名:「VOYAGE シューホーン」特 長:英国出身のデザイナー、マイケル・ヤングが手掛けたスタイリッシュなシューホーン(靴ベラ)。100年以上の歴史を誇り、銀食器やジュエリーで世界的に知られるデンマークのブランド、ジョージ・ジェンセンのVOYAGEコレクションとして2009年に発表された逸品。

窪川氏:2つ目もデンマークのアイテムになりますが、老舗ブランド、ジョージ・ジェンセンの「VOYAGEシューホーン」です。ジョージ・ジェンセンは、長い歴史の中で、美意識の高い普遍的なデザインのプロダクトを数多く展開していますが、よりモダンなデザインを追求するために才能あるアーティストとのコラボでも知られています。

「VOYAGEシューホーン」では、自身の作品がパリのポンピドゥー・センターやルーブル美術館に永久保存されているイギリス出身の著名なデザイナー、マイケル・ヤングを起用。

下部(黒い部分)が錘になっているスタンドタイプのシューホーンは、ステンレス製の曲面の裏側が靴ベラになっています。余計なモノや考えを削ぎ落とし、突き詰められたスタイリッシュさに機能性と曲線の美しさを凝縮した、いかにもデンマークらしいデザインですよね。

高さはわずか50冂度ですが、その存在感に訪れた人は目を見張るはずです。実は、私もしばらく自宅で愛用していたんですが、昭和の木造家屋の玄関には、モダンなデザインが合わなかったので友人に譲ってしまいました。しかし、現代的なマンションの玄関には似合うはずです。出かけるときにジョージ・ジェンセンのシューホーンで靴を履く。それだけでも、気持ちよくありませんか。


室内空間に変化をつけたり、気分を変える一番わかりやすい方法は、目につく場所の印象を変えてみることかもしれません。気分一新で新しい1年を過ごしてみる。そう考えているあなたは、窪川さんがセレクトしたアイテムを参考にしてみてください。いつからはじめるか、なにから試してみるかは、あなた次第ですよ。


【連載記事】
あなたのライフスタイルを刺激するアウトドア3品
眠りの課題をユニークに改善する3アイテム
「年末年始はリラックスしたい人」におすすめのアイテム3選