30日、中国の動物園でこのほど、入場料を払わず、壁を乗り越えて入った男性がトラに襲われて死亡する事故が起きた。被害者の家族は動物園側にも落ち度があったと主張している。

写真拡大

2017年1月30日、仏RFIによると、中国浙江省寧波市の動物園でこのほど、入場料を払わず、壁を乗り越えて入った男性がトラに襲われて死亡する事故が起きた。被害者の家族は動物園側にも落ち度があったと主張している。

【その他の写真】

トラにかまれて死亡した40代の男性は、入場料を払わず、友人とともに壁を乗り越えて動物園に入った。男性は湖北省出身で、16年前から出稼ぎに来ていたが、低所得の生活が続いていた。

壁の高さは3メートルで金網もあった。男性が侵入したのは、ちょうどトラが放し飼いになっているエリアだった。男性の家族は「壁を乗り越える機会を与えていた」と指摘。管理が不適切だったとして、動物園にも責任があると主張している。

中国ではこれまでにも同様の事故が起きている。2016年7月には北京市郊外のサファリパークで、参観中に車から降りた女性客がトラに襲われ、女性を助けようとした母親が死亡した。遺族はサファリパーク側に責任があるして裁判を起こしている。(翻訳・編集/岡田)