フランシス・ビーン・コバーン 写真提供:アマナイメージズ

写真拡大

 故カート・コバーンさんとコートニー・ラブの間に生まれた娘フランシス・ビーン・コバーンが、「マーク・ジェイコブス」2017春夏キャンペーンの顔に起用された。

 デザイナーのマーク・ジェイコブスは、ファッションフォトグラファーのデビッド・シムズが撮影したフランシスの広告写真をインスタグラムに投稿。フランシスは、「ホール」のシンガーとして人気を集めた1990年代のラブのファッション、グランジ風ベビードールを思い起こさせる、ビシューの付いたドレスを着用している。

 ジェイコブスは、「僕が初めてフランシス・ビーンに会ったのは彼女が2歳の時、1994年にニューヨークのバー・シックスで、彼女の母(ラブ)とアナ・スイとディナーをともにした時だった」「僕はずっとフランシスと仕事がしたいと思っていた。彼女の美しさ、ユニークさ、そして強さに惹かれていたし、尊敬していたんだ」と明かしている。ちなみに、ラブも「マーク・ジェイコブス」2016秋冬キャンペーンでモデルを務めている。