ビールの色を彷彿とさせる「黄色のジャージー」が、日本のラグビーシーンを17戦全勝で駆け抜けた。1月29日、東京・秩父宮ラグビー場で日本選手権の決勝が行なわれ、サントリーサンゴリアスがパナソニックワイルドナイツを15−10で撃破。4年ぶり7度目の優勝を手にしたサントリーは、トップリーグ制覇に続いて「2冠」を達成した。

 決勝でのサントリーは、持ち前の「アタッキングラグビー」を封じられた。だが、ディフェンスで粘りを見せ、SO(スタンドオフ)小野晃征が5本のPGを決めて競り勝ちノーサイド。そのチームの中心には、24歳の若きキャプテンがいた。帝京大出身のSH(スクラムハーフ)流大(ながれ・ゆたか)だ。

 胴上げ後、少し目の奧を赤くした身長165cmの小さなスキッパーは、「ゲームプランとして予定していたものではなかったですが、ファイナルは1点差でもいいから勝つことが大事。(PGで)3点を積み重ねていく我慢強いラグビーができたことが結果につながった」と破顔した。

 昨シーズンのサントリーは、過去最低となるトップリーグ9位まで低迷。「常勝軍団」への復活を目指す今シーズンは、2012年度にヘッドコーチ(HC)としてトップリーグと日本選手権優勝に寄与し、U20日本代表やエディー・ジョーンズ体制下の日本代表でもコーチとして研鑽を積んだOB沢木敬介を監督に据えた。そしてまず、新監督が「改革の旗印」としてキャプテンに選んだのは、昨シーズン先発1試合・途中出場5試合で計158分しかプレーしていなかった2年目のSH流だった。

 沢木監督はその理由を、「僕の勘」と説明する。だが、チームが苦しむなか、メンバーに選ばれても選ばれなくても練習から常に全力で取り組むSH流の姿を見ていたのだろう。ジョーンズHCがサントリーを率いていた時代と比べ、ハードワークの文化が薄れていると感じた沢木監督は、その復活の象徴としてSH流に白羽の矢を立てた。

 ただSH流も、最初からリーダーシップを発揮することができたわけではなかった。帝京大でもキャプテンを務めていたが、大学時代とは違い、サントリーでは年上の選手がほとんどで、大ベテランや世界的に有名な外国人選手もいる。

 キャプテンに就任したばかりのころ、SH流は練習中でミスが起きても、ポジティブな言葉ばかりを発して盛り上げていたという。だが次第に、「それではいけない。言わなければいけないことは言わないと」と感じ、ミスをしっかりと指摘するようになった。

 また、沢木監督やSO小野から「キャプテンはパフォーマンスを出すことが大事」と言われ、それで気持ちが吹っ切れたという。練習態度やトレーニングだけでなく、プレーで、背中で、チームを引っ張ることも必要だと実感したSH流は、今シーズン、新たなことに取り組んだ。それは、スペースを見極めること、そしてそのスペースに左右の足でキックを蹴ることだった。

 昨シーズンまでのサントリーは、「ボールをキープすること」に主眼が置かれていた。しかし、年々ディフェンスが進化するなかで、ボールを保持し続けることが難しくなってきた。そこで、沢木監督が新たに採用したのが、「スペースを攻める」ラグビーだ。

 SH流のプレーは、その新しいスタイルにマッチした。また、彼自身もニュージーランド代表などの試合を見ながら、さらにラグビー理解度を深めていったという。そして昨年9月17日、トップリーグ第4節でパナソニックに45−15と快勝。その結果は、SH流にもチームにも大きな自信となった。

 シーズン中も沢木監督との対話を積極的に重ねたSH流は、前の試合を振り返りつつ、次の試合でどういうプレーをすべきか明確にすることを怠らなかったという。そして迎えた、日本選手権・決勝――。準決勝・帝京大戦の反省を踏まえてSH流は、「この試合はアティチュード(試合に対する態度)でひとりにならず、アタックもディフェンスもコミュニケーションをとって組織的に動くこと」をテーマに掲げて試合に挑んだ。

 決勝戦、それが顕著に現れていたのはディフェンスだった。前半28分、パナソニックに押し込まれるも、FL(フランカー)ジョージ・スミスが相手にプレッシャーをかけ、乱れたボールをPR(プロップ)石原慎太郎がインターセプト。今シーズン掲げた「常に立ってプレーする」「相手にプレッシャーをかける」という組織的ディフェンスを最後まで貫きピンチをしのいだ。

 後半17分にトライを許して逆転されたときも、サントリーに焦りはなかった。彼らは自らに課した規律を守り、パナソニックがペナルティーを犯したところでPGを2本決め、最後は15−10で逆転勝利。試合後にSH流は、「いいときも悪いときも、今日はチームになれていた。僕のミスも他のメンバーがカバーして、粘り強く戦ってくれたことに感謝します。チームでもぎ取った勝利ですし、全メンバーに感謝したい。サントリーに来てよかった」と声を弾ませた。

 前キャプテンだったLO(ロック)真壁伸弥は「流と(沢木)敬介さんとの相性がよかったのでは」と語り、若きSHをサポートし続けたSO小野は「リーダーシップを取ることで伸びる選手と、考えて過ぎて伸びない選手がいる。流は、最初こそ苦しんでいましたが成長した」と述べ、リーダーとしての進歩に目を細めた。

 もちろん、SH流は「トップリーグ・ベスト15」に選出されたように、選手としても一級品のプレーを披露できる逸材だ。ニュージーランド育ちのSO小野は、「日本にはボールをさばけるSHはいっぱいいますが、流はラン、パスができるだけでなく、裏のスペースを見ることができて、右足でも左足でも蹴れるところが日本一の長所」と太鼓判を押す。また、日本代表とサンウルブズで共同キャプテンを務めるCTB(センター)立川理道(クボタスピアーズ)も、「サンウルブズで一緒にプレーしてみたい選手」として真っ先にSH流の名を挙げた。

 SH流は「2019年ワールドカップで日本代表としてプレーすること」を目標に掲げている。今シーズンの活躍ぶりを見て、桜のジャージーでグラウンドを駆ける姿に期待するファンも多いはずだ。

 おそらくSH流は、ジェイミー・ジョセフ日本代表HCが指揮を執るトップリーグ選抜チームに選出され、2月18日に行なわれるサンウルブズとの試合に臨むことになるだろう。SH流は「2冠」の勢いのままにこの試合でも活躍を見せ、サンウルブズ、そして日本代表の階段を登ることができるか――。

斉藤健仁●取材・文 text by Saito Kenji