人気コーヒーチェーンのスターバックスが、iOSアプリとAmazonの音声アシスタントAlexaを通じて、音声認識によるメニューの注文が可能になったことを発表しました。

カスタムを加えた複雑な注文も可能

iOSアプリでは、AIを搭載したbot機能「My Starbucks barista」を使い、音声認識かテキストによるチャット形式で注文ができます。
 
同時に複数のメニューの注文ができ、決済もアプリ内で完了します。注文すると、最寄りの店舗で受け取りまでにかかる時間が表示され、店頭で待たずに商品を受け取ることができます。
 
公式サイトで公開しているデモムービーでは、「ダブルショットのマキアートをアップサイドダウンで、半分はディカフェでクリームを追加して、サイズはグランデ」といった複雑な注文にも対応しています。

1月30日よりアメリカで提供開始

一方、Alexaを利用する場合は、自宅に設置されたAmazon Echoで注文内容をあらかじめ登録しておき、「Alexa, order my Starbucks」と指示することで「いつもの」メニューを発注できますが、iOSアプリのように注文ごとの細かい変更には対応していないようです。また自宅を出る前に注文しておく必要があります。
 
音声認識を使った新機能は1月30日(現地時間)よりアメリカの一部のユーザーに提供しており、夏までに段階的に全米で展開していく予定です。今年の後半にはAndroid向けにもアプリを提供するとのことです。
 
日本でもスターバックスの公式アプリが提供されていますが、アプリ経由での事前注文や音声注文にはまだ対応していません。
 
 
Source:Starbucks via AppleInsider
(nanakaba.n)