写真提供:マイナビニュース

写真拡大

エプソンダイレクトは31日、新設計の筐体を採用したミニタワーPC「Endeavor MR8000」を発売した。直販価格は、スタンダードモデルが税別86,400円から、HDDフロントアクセス対応モデルが税別109,900円から。

新設計の筐体を採用し、同社のミドルタワーPC「Endeavor Pro5800」で対応している「HDDフロントアクセス」のサポートも可能となった。ケース前面のドアを開けてHDD/SSDの換装できるため、メンテナンス製に優れる。また、チップセットをIntel H270に刷新し、CPUに"Kaby Lake"こと第7世代Intel Coreプロセッサの選択にも対応する。

基本構成は、CPUがIntel Celeron G3900(2.8GHz)、チップセットがIntel H270、メモリがDDR4-2400 4GB(4GB×1)、ストレージが500GB SATA HDD、グラフィックスがIntel HD Graphics 510(CPU内蔵)、光学ドライブがDVD-ROMドライブ、電源が350W、OSがWindows 10 Home 64bit。

なお、豊富なBTOオプションを用意し、CPUやメモリ容量、ストレージなどを下記から選択できる。