中華、ちらし寿司、焼肉…妊娠中の後藤真希さんに起こった「食欲爆発」体験

写真拡大

 1月12日に無事第1子となる男の子を出産した鈴木亜美さんですが、出産前の12月には、なぜだか韓国料理の「参鶏湯(サムゲタン)」がやたらと食べたくなったそうで、ランチに連続で通っていたことを明かしてました。

 当時は赤ちゃんもだんだん下に降りてきていたこともあり、食欲も旺盛だったんでしょうね。

 妊娠中は、人によって無性に食べたいものがあるといわれますが、参鶏湯とは意外とヘルシーな食べ物で良かったですね。韓国好きの大桃美代子さんによれば、鶏の胸肉を使ったサムゲタンは、とってもヘルシーな一品だそうですよ。

 妊娠中に食欲が旺盛になる人が多いですよね。「食欲爆発」をした経験のある後藤真希さんは、中華をたらふく食べた次の日、ちらし寿司を何杯も食べ、その夜は焼き肉を何人前食べたか分からないくらい食べた、という時期があったそうです。

 また、お酒とコーヒーに目がない田丸麻紀さんは、妊娠中にノンアルコール赤ワインやペリエでお酒と置き換えたり、コーヒーはカフェインレスのデカフェにしたりして飲んでいたそうですよ。

 とはいえ、田丸さんも「我慢しすぎは禁物」と言っています。適度な量をしっかり食べて、お腹の赤ちゃんのためにも健康を損ねないように気をつけたいものですね。